ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

PayPayが公共料金の支払いに対応。0.5%のポイントも付与

PayPayが公共料金の支払いに対応

PayPayが電気・ガスなどの公共料金の支払いに対応した。特徴はなんといっても0,5%のボーナスがもらえる点だ。

このサービス「PayPay請求払い」は、乱立するQRコード決済サービスの中でPayPayがリードする契機になるかもしれない。

f:id:tkan1111:20190903094319p:plain

やり方は簡単

PayPayアプリで払込票のバーコードを読み取るだけで、PayPay残高から支払うことができる。クレジットカードでは支払うことができないので、PayPay残高にチャージする必要がある。

page2image1652234240
東京ガスや東京電力などは9月2日から対応開始し、9月30日からはYahoo!マネーで支払える約300の地方公共団体または事業者に対応する。

f:id:tkan1111:20190903092525p:plain

慣れたPayPayのインターフェイスで簡単に支払えるのは便利だし、0.5%のポイントも魅力だ。多くのサービスは公共機関での支払いにはポイントがつかない。

LINE Payも「LINE Pay請求書支払い」が使用できるが、LINE Payボーナスは付与されない。

20180413-OATL_800_450_A-修正1

今回のPayPayのサービス拡張は、9月30日に行われるYahoo!マネーとの統合の一環である。

数多いQRコード決済サービスの中で、持ち前の機動力でソフトバンクグループのPayPayは次々とサービスと利用可能店舗を拡充している。

多くのサービスの中でどれを導入しようと悩んでいる人は、まずPayPayを試してみるのが良いと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。