ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Rakuten MiniのナビゲーションバーをiPhone風のホームバーに変更する方法

Rakuten Miniにホームバーを

Rakuten Miniのホーム画面をiPhone風にしてみたけど、◁○□のナビゲーションバーが表示されていると、どうしてもAndroidっぽさが抜けない。

そこで、iPhone X以降に採用されたホームバーをRakuten Miniで再現してみた。

こんな感じ。結構iPhone感が出ていると思う(本当のiPhoneはホーム画面にホームバーは表示されないけど)。

f:id:tkan1111:20200612084513p:plain

iPhone風のホームバーを設置する方法をご紹介します。

まずはホーム画面をiPhone風に

まずはホーム画面をiPhone風に変更しよう。終わっている人は次のステップへ。

ADBをインストール

Androidをあれこれ操作するためにADBを導入する必要がある。Mac以外にもWindows PCでも可能だ。すでにADBが使える環境がある人は次のステップへ。

ここではMacでのやり方をご紹介します。

  1. Andorido Studioをインストールする

    f:id:tkan1111:20200612085933p:plain

  2. Andordo StudioのアイコンをApplicationフォルダにドラッグして、Andordo Studioをクリックする

    f:id:tkan1111:20200612090207p:plain

  3.  「Do not import settings」のままで「OK」f:id:tkan1111:20200612090430p:plain

  4.  Googleにデータを送りたくない人は「Don’t send」を選ぶ
    f:id:tkan1111:20200612090528p:plain

  5.  「Next」をタップ

    f:id:tkan1111:20200612090758p:plain

  6.  「Standard」をタップ

    f:id:tkan1111:20200612090843p:plain

  7.  お好みのテーマを選ぶ

    f:id:tkan1111:20200612090921p:plain

  8.  「Finish」を選ぶ。暫く待つとインストール完了

    f:id:tkan1111:20200612090959p:plain

  9. 「Android Studio」の右下の「Configure」をクリックして「SDK Manager」を選ぶ

    f:id:tkan1111:20200612111224p:plain

  10. 左メニューから「Android SDK」を選び、Rakuten MiniのOSバージョンである「Android 9.0(Pie)にチェックを入れて「OK」。「Accept」を選ぶとインストールが始まるので、完了したら「Finish」

    f:id:tkan1111:20200612111503p:plain

  11.  同じように「Congiure」→「SDK Manager」を選び、右上部の「Android SDK Location」を確認する

    f:id:tkan1111:20200612100604p:plain

  12.  adbコマンドを使えるようにPathを通すために「ターミナル」を起動

  13. プロンプト画面に「nano ~/.bash_profile」と入力

    f:id:tkan1111:20200612101814p:plain

  14. さきほどAndroid Studioで確認したPath名に変更して、下のように入力「exportPATH=$PATH:/Users/ユーザー名/Library/Android/sdk/platform-tools」f:id:tkan1111:20200612101949p:plain

  15.  完了したら「Control + X」で「Save modified buffer」と表示されたら「Y」を押し、最後にEnterキー

  16. ターミナルを再起動して、「adb」と入力して「Not Found」と表示されなければ成功

USBデバッグを有効化する

すでに有効化している人は次のステップへ。

  1. Rakuten Miniの「設定」→「端末情報」→「ビルド番号」を7回連続タップする。「これでデベロッパーになりました」と表示される
  2. 「システム」→「詳細設定」→「開発者向けオプション」→「USBデバッグ」をオンにする

    f:id:tkan1111:20200612092545p:plain

  1. 「Google Play」で「Navigation Gestures」を検索して「インストール」

    f:id:tkan1111:20200612092822p:plain

  2.  インストールが完了したら「Navigation Gestures」のアイコンをタップして、「→」をタップ
    f:id:tkan1111:20200612093159p:plain

  3. 「Draw Over Appls」の「GRANT」をタップ→「他のアプリの上に重ねて表示できるようにする」をオンにする
    f:id:tkan1111:20200612094105p:plain
    f:id:tkan1111:20200612094211p:plain
  4.  「Accessibility Service」の「GRANT」をタップ→「サービスの使用」をオンにする

    f:id:tkan1111:20200612094942p:plain
    f:id:tkan1111:20200612094855p:plain
  5. 「Write Service Settings」画面で、セキュリティを変更するコマンドをMacのターミナルから入力する。「ターミナル」を開いて「adb shell pm grant com.xda.nobar android.permission.WRITE_SECURE_SETTINGS」と入力する

    f:id:tkan1111:20200612102713p:plain

  6.  Rakuten Miniの画面に「USBデバッグを許可しますか?」と表示されたら「OK」を押す

    f:id:tkan1111:20200612102847p:plain

  7. 「All Set」になるまで右矢印をタップしたら、チェックマークをタップ

    f:id:tkan1111:20200612103208p:plain

  8.  「Enabe Gesture Pill」と「Hide Navigation Bar」をオン。一番下にホームバーが表示される

    f:id:tkan1111:20200612103248p:plain

iPhone風ホームバーに改造

デフォルトだとiPhoneのものより太いので改造する

  1. 「Navigation Gestures」のアイコンをタップし、右上の歯車アイコンをタップ

  2. iPhoneのホームバーのAppスイッチャーのような操作に変更する。「Gesture」→「Pill Gestures」→「Swipe」の「Swipe Right」を「Previous App(Nougat+)」に、「Swipe Up」を「Home」に、「Swipe Up and Hold」を「Recent Apps」にそれぞれ変更する

    f:id:tkan1111:20200612110436p:plain

  3.  iPhoneのホームバーの形状に合わせる。この辺は好みかと

    「Settings」→「Appearance」→「Pill Appearance」→「Color」の「Pill Color」をホワイト(#ffffff)に「Pill Boarder Color」(ホームバーの外枠)をブラック(#000000)に変更

    f:id:tkan1111:20200612104510p:plain

  4.  「Dimensions」の「Pill Width」を「225px」、「Pill Height」を「24px」に変更

    f:id:tkan1111:20200612104808p:plain

  5.  「Postion」の「Vertical (Y) Postion」を「12px」に変更

    f:id:tkan1111:20200612105258p:plain

  6.  キーボード入力時のホームバーの位置を一番下に固定する

    「Settings」→「Behavior」→「General」の「Don't Move Pill when Keyboard Shown」をオン

    f:id:tkan1111:20200612105709p:plain

  7.  ホームバーを上にスワイプしたときのAppチェンジャーのタイミングをiPhoneに合わせる

    「Durations」→「Swipe and Hold Time」を「400 ms」に変更

    f:id:tkan1111:20200612110201p:plain

これで完成

長かったけど、ようやく完成。これで、かなりiPhone風のホームバーになったと思う。iPhoneと異なるのは、白っぽい背景にしてもホームバーの色は黒くならないことだ。外枠をブラックにしたから見失うことはないが、背景の壁紙やアプリの色を黒っぽくすると良いと思う。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。