ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Rakuten Linkが仕様変更。ユーザーのメリットとデメリットを考える

iOS版「Rakuten Link」が仕様変更

楽天モバイルの音声アプリ「Rakuten Link」の使用が変更された。

変更点は、2点。

ひとつは、今までRakuten Linkアプリに着信していた電話がiOS標準のアプリに着信するようになったことだ。

f:id:tkan1111:20210712084758p:plain

この変更により、今までは無料だった海外からの電話の着信が課金されるようになった。Rakuten Link同士の通話は今まで通り無料。

f:id:tkan1111:20210712085228p:plain

もうひとつは、メッセージの受信先がiOS標準のメッセージアプリになったことだ。

f:id:tkan1111:20210712084813p:plain

この変更でSMSの送受信が有料になった。今までは日本の電話番号へのSMS送信は無料だった。

f:id:tkan1111:20210712085420p:plain

並べるとデメリットばかりのようだが、メリットもある。Rakuten Linkの仕様変更によるメリット・デメリットをご紹介します。

デメリットはリダイアルの煩雑さ

金銭面のデメリットは海外からの電話着信が有料になったことだが、海外とやりとりがない人には関係がない。

メッセージはSMSが有料になったことがデメリットだ。LINEなどをつかえば無料なのでSMSで送信する機会は減ったけど、海外の人の中にはSMSをメインに使っている人もいる。海外へ送信するときは有料になってしまう。

もっとも大きなデメリットは、リダイアルの煩雑さだ。iOSの「電話」に着信して、そのままリダイアルすると、通話が有料になってしまう。折り返した時に通話を無料にするには、着信した電話番号をコピーして、Rakuten Linkアプリにペーストしないといけない。

楽天モバイルは通話無料が売りなので、この煩雑さは痛いし、忘れてつい「電話」アプリにリダイアルしてしまいそうだ。

メリットは二段階認証 

二段階認証にSMSを使うサービスがある。iOS標準の「メッセージ」で認証番号を受信すると、iOSは自動的に画面へ入力してくれる。Rakuten Linkだとこの機能が使えないので、認証番号をコピペしないといけない。

国内での利用なら、二段階認証の認証番号の受信は無料なので、実害はない。

f:id:tkan1111:20210712093654p:plain

リダイアルに気をつけよう

仕様はすでに変更済みなので、楽天モバイルを使う以上は新しい形式に慣れるしかない。電話アプリに着信した番号に折り返すときは、そのままリダイアルしたら通話が有料になるので、とにかく電話のリダイアルに気をつけよう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。