ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Rakuten Miniを買ったら最初に行うべき9つの設定

Rakuten Miniの初期設定

1円キャンペーンで購入したRakuten Miniが届いた人も多いと思う。

Rakuten Miniを購入したら、最初に行なうべき設定をご紹介します。

f:id:tkan1111:20200709082032p:plain

my楽天モバイルのアップデート 

初期設定でとまどいがちなのが、「my楽天モバイル」のアップデート。my楽天モバイルは楽天回線専用の管理アプリで、データ利用状況の確認、登録内容の確認・変更などが可能だ。

電源を入れて、「日本語」→「Wi-Fi」を選んで、Googleアカウントの設定を行う。

続いてeSIMの設定をして回線を開通させようとすると、アプリ「my楽天モバイル」を最新版にアップデートしろといわれる。ここでどうしたら良いか説明書を読まないと分からなくなる。

f:id:tkan1111:20200709082908p:plain

 Google Playを起動し、左側の三本線メニュー→「マイアプリ&ゲーム」を「アップデート」で「my楽天モバイル」アプリを最新版にする必要がある。

f:id:tkan1111:20200709083238p:plain

アップデートが終わったら、ホームボタン長押し、ピンク色の箇所をタップしてGoogleレンズを起動する。

f:id:tkan1111:20200709083327p:plain

同梱のピンクの用紙「START GUIDE」の背面にあるQRコードを読ませると、URLが表示される。

f:id:tkan1111:20200709083424p:plain

表示された画面に楽天IDとパスワードを入力し、回線申請した申込番号をクリック。これでやっと開通。

f:id:tkan1111:20200709083503p:plain

Rakuten Linkの設定

「Rakuten Link」は、楽天回線なら無料で通話・メッセージができるアプリ。1円キャンペーンの場合はRakuten Linkの初回アクティベートを完了しないと3,000ポイントがもらえない。

回線開通済みに「Rakuten Link」を起動する。

「同意してはじめる」→位置情報の「同意」→情報提供の「同意」をタップ。

f:id:tkan1111:20200709084428p:plain
f:id:tkan1111:20200709084441p:plain
f:id:tkan1111:20200709084456p:plain

楽天アカウントを設定する。サービスの「許可」→開通した電話番号であることを確認して「確認」→SMSで着信する認証コードが自動的に入力されているので、「確認」をタップ。これでアクティベートが完了。試しに誰かに電話してみよう。

f:id:tkan1111:20200709084508p:plain
f:id:tkan1111:20200709084544p:plain
f:id:tkan1111:20200709084558p:plain

おサイフケータイの設定

Rakuten Miniは「おサイフケータイ」に対応している。サイズが小さく持ち運びに便利なので、電子マネーを設定しておこう。

iDなどのNFCに対応した電子マネーだと、NFCをオンにする。

f:id:tkan1111:20200709085947p:plain

iDやQUICPayなどは「Google Pay」アプリを開いて設定する。「おサイフケータイ」アプリからも設定できる。

2台持ちの場合は、複数の端末に登録できない電子マネー決済もあるので注意。PayPayなどは原則1端末のみしか設定できない。

「開発者向けオプション」をオン

Rakuten MiniだけではなくAndroid端末全般にある裏メニュー「開発者向けオプション」。通常はできない設定も可能になる。

Rakuten Miniの「設定」を開いて、「端末情報」→「ビルド番号」を7回タップする。「これでデベロッパーになりました!」というメッセージが出たら成功。

f:id:tkan1111:20200709091854p:plain

アニメーションをオフ

日常的な動作には支障がないRakuten Miniの性能だが、少しでも動作を軽快にするために「アニメーション」をオフにしよう。

「開発者向けオプション」をオンにすると、設定できる。

Rakuten Miniの「設定」を開き、「システム」→「詳細設定」→「開発者向けオプション」をタップ。

f:id:tkan1111:20200709092218p:plain

f:id:tkan1111:20200709092306p:plain

f:id:tkan1111:20200709092350p:plain

「ウィンドウアニメスケール」「トランジションアニメスケール」「Animator再生時間スケール」を「アニメーションオフ」に設定。

  • ウィンドウアニメスケール:ウィンドウの表示
  • トランジションアニメスケール:画面遷移時の表示
  • Animator再生時間スケール:タップ時の表示

アニメーションをオフにすると動作がキビキビしたように見える。ちょと味気ない人は、アニメーションの速度を変更して、好みな設定を探してみよう。

f:id:tkan1111:20200709092434p:plain

顔認証の設定

Rakuten Miniのセキュリティは、顔認証が設定できる。iPhoneのFace IDのように顔を近づけるだけでアンロックできる。iPhoneだとFace ID時に必要なスワイプも設定によっては省略できるので、スピーディーにアンロックできる。赤外線で検知していないので真っ暗だと使えないが、認識率はまあまあ高い。

Rakuten Miniの「設定」を開き、「セキュリティと現在地情報」→「顔認証」をタップ。

f:id:tkan1111:20200709093508p:plain

「クイック・アンロック」をONにすると、スワイプが不要で自動的にロックを解除できるようになるので、おすすめ。

f:id:tkan1111:20200709093544p:plain

画面ロックに「パターン」を設定

顔認証を失敗した時のために、スワイプ、パターン、PIN、パスワードのセキュリティが設定できる。おすすめは「パターン」。PINやパスワードよりも素早く入力できる。スワイプはセキュリティになっていないので、ちょっと不安。

パターンはセキュリティが甘そうだけど、パターンの種類は「14万704通り」ある。5桁のPINよりも種類が多い。

Rakuten Miniの「設定」を開き、「セキュリティと現在地情報」→「画面ロック」→「パターン」をタップ。

f:id:tkan1111:20200709094529p:plain

「電源ボタンですぐにロックする」をオフ

セキュリティが甘くなるので、難しいところだけど、この設定をオフにすると、電源オフにしてもすぐにロックしなくなる。頻繁に電源のオン・オフを繰り返す人にはおすすめの設定だ。

Rakuten Miniの「設定」を開き、「セキュリティと現在地情報」→「画面ロック」右の歯車をタップする。

f:id:tkan1111:20200709094651p:plain

「電源ボタンですぐにロックする」をオフにする。ロックまでの時間は「自動ロック」で設定できる。

f:id:tkan1111:20200709095124p:plain

 

電源ボタン2度押しでカメラ起動

設定すると電源ボタンを2度押すとカメラを起動できる。画面ロックした状態でも起動できるので、いつでも簡単に写真を撮影できる。

  1. 「設定」を開く
  2. 「システム」をタップ
    f:id:tkan1111:20200601085443p:plain
  3. 「ジェスチャー」をタップ

    f:id:tkan1111:20200601085736p:plain

  4.  「カメラの起動」を選んで「ON」

    f:id:tkan1111:20200601085844p:plain

とりあえずここまで設定しよう

まずはこれだけ設定しておいて、あとは使いながら自分好みにカスタマイズしていこう。Androidの特徴はカスタマイズ性が高いことなので、やろうと思えばiPhone風にカスタマイズすることもできる。 

使っていて、うざい「通知」をオフにしたり、使っていないアプリを削除したりしながら、自分好みの設定を見極めるのも新しい端末の楽しみ方だと思いますので。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。