ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

【新機能】着信したメッセージをSiriに読み上げてもらう方法【iOS 13.2】

iOS 13.2登場

iPhone向けOS「iOS 13.2」が公開された。iPhone 11系のカメラでDeep Fusionがアウンロックされたほか、新しい絵文字が追加された。

他にもiOS 13.2には、Siriにより着信メッセージを読み上げる機能が追加された。本来はiOS 13で実現するはずだったが、13.2で実現した。

この機能を利用するためには、設定をオンにしないといけない。

設定方法を記します。

「 メッセージ読み上げ」の設定方法

  1. iPhoneのアプリ「設定」を開く
  2. 「Siriと検索」をタップ(メッセージではないので注意)

    f:id:tkan1111:20191029162112p:plain

  3.  「着信メッセージの読み上げ」をタップ

    f:id:tkan1111:20191029162225j:plain

  4. 「着信メッセージを読み上げ」をオンにする。記載があるように、読み上げてくれるのは第2世代のAirPodsや一部のBeatsヘッドフォンのみで、他社製のヘッドフォンは対応していない。

    f:id:tkan1111:20191029162322j:plain

  5.  着信メッセージを読み上げる送信者を選べる。「メッセージ」をタップ

    f:id:tkan1111:20191029162624p:plain

  6. 読み上げてもらう送信者を選ぶ。気をつける点は、「最近の連絡先」の「最近」が今日一日だということ。「すべての人」だと二段階認証などのSMSも読み上げちゃうので、「連絡先」が無難かと。
    ・「よく使う項目」:「電話」の「よく使う項目」に並んでいる人。追加したい場合は、「連絡先」でマークする
    ・「最近の連絡先」:今日連絡をとった人からのメッセージのみ
    ・「連絡先」:「連絡先」に登録されている人からのメッセージ
    ・「すべての人」:すべてのメッセージを読み上げる
    f:id:tkan1111:20191029162746j:plain
  7. 「確認なしに返信」をオンにすると、発話をもとにSiriが作成した返信を読み上げ確認なしに相手に送信される
  1. f:id:tkan1111:20191029163301j:plain

実際に試してみた

iPhoneを使用していない時にメッセージが着信すると、電子音の後に送信者の名前、続いてメッセージ内容が読み上げられる。聴いている音楽はフェードアウトする。iPhoneやMac、Apple Watchを使用しているときは読み上げてくれない。

また、読み上げても通知がオフになるわけではないので、iPhoneなどの通知はそのまま残っている。

読み上げた後も、Siriは起動したままになるので、そのまま返信メッセージを音声入力することもできる。その間、音楽のボリュームは小さいままになっている。

ただ、返信メッセージを発話した後の返信方法がよくわからなかった。着信メッセージを読み上げた後に、「XXと返信する」と発話すれば、「Hey Siri」と言わなくてもSiriは反応してくれるが、「誰に送信しますか?」ときいてくるので、返信にもかからわず送信先を指定しないといけない。

これでは面倒だが、送信先をしてしないで返信する方法がわからなかった。スマートな返信方法が分かった方がいたら、教えてください。

ランニング中には超便利

ランニング中は走りに集中したい。今までも着信したメッセージをApple Watchで確認して返信できたけど、読み上げ機能を用いれば、フォーム を崩すことなくメッセージを確認、返信できる。

発売開始したAirPods Proなら、ノイズキャンセリングと高性能マイクで、走行中でも確実に聞き取れて、返信できるに違いない。

ただ、「読み上げる」だけならアップル製品のイヤホンでなくても、他のBluetooth機器でも実現できるはずだ。例えば運転している時にメッセージを読み上げてくれれば便利だ。読み上げ機能だけでも他社デバイスにもぜひ解放して欲しい。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。