ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

OSとIMEが新元号「令和」に対応しているか徹底調査。完全対応済みなのは、あのIME

発表から一ヶ月後の改元

新しい元号「令和」が発表されたのは改元の一ヶ月前の4月1日。改元の一ヶ月前に発表になったのは、システムを変更する時間をとるためだったそうだ。

OSやIMEが令和に対応できたか調べてみました。

iOS

iPhoneやiPad用のOS「iOS」は「設定」内の「言語と地域」で「和暦」に変更できるが、まだ「令和」に未対応だった。

f:id:tkan1111:20190503212618j:plain

iOS標準IME

iOSの標準IME。「令和」に変換できるが、「きょう」を変換すると「平成31年5月3日」が候補に出てくる。

f:id:tkan1111:20190503212356p:plain

iOS版ATOK

「きょう」を変換しても年号付きの年月日が候補に表示されなかった。「れいわ」で変換すると「令和元年」「令和」が候補に登場する。

f:id:tkan1111:20190503213201j:plain

iOS版Gboard

Google謹製のIME「Gboard」は令和に対応していた。「令和」も変換できたし、「きょう」で変換すると「令和元年5月3日」が候補に登場した。

f:id:tkan1111:20190503213745j:plain

macOS

macOSの「設定」内にある「言語と地域」で「和暦」に変更できるが、iOSと同様に平成31年が表示される。噂によると現在検証中のベータ版では対応している模様。

f:id:tkan1111:20190503214141p:plain

macOS「日本語」

macOS標準のIME「日本語」は「令和」と変換できるが、「きょう」で変換すると「平成31年」が候補に出てくる。

f:id:tkan1111:20190503215042p:plain

macOS版「ATOK」

mac版のATOKは「令和」と変換できるし、「きょう」で変換しても「令和元年5月3日」を候補にきちんと表示してくれる。

f:id:tkan1111:20190503214922p:plain

Windows

「平成31年」が表示される。最新バージョンでは令和に対応したときいたけど。ためしたのはOSビルド「17763.467」

f:id:tkan1111:20190503214558p:plain

Windows標準IME

「令和」が変換候補に表示された。日付変換はなし。

f:id:tkan1111:20190503215458p:plain

Google日本語

意外にもWindowsユーザー御用達「Google日本語」は対応していなかった。ちなみに、GoogleカレンダーなどのGoogleアプリで和暦を表示する方法は標準ではない。

f:id:tkan1111:20190503215655p:plain f:id:tkan1111:20190503215726p:plain

Android

Androidには和暦の設定がそもそもない。

f:id:tkan1111:20190503220749p:plain

Android版「Google日本語入力」

Android版のGoogle日本語は、令和に対応していた。

f:id:tkan1111:20190503221036p:plain

ただし、「きょう」と変換すると「令和元年5月3日」は表示されず、「平成31年」になる。

f:id:tkan1111:20190503221016p:plain

辞書に「令和」を登録したが、日付変換のプログラムは変更されていないようだ。

まとめ

  • iOS・・・未対応
  • iOS標準IME・・・未対応
  • iOS版ATOK・・・対応済み
  • macOS・・・非対応
  • macOS「日本語」・・・一部対応(日付変換は未対応)
  • macOS版ATOK・・・対応済み
  • Windows・・・未対応
  • Windows標準IME・・・対応済み(日付変換は非搭載)
  • Google日本語・・・未対応
  • Android OS・・・元号に非対応
  • Android版「Google日本語入力」・・・一部対応済み(日付変換は未対応)

完璧に対応していたのは、ATOKだった。「令和」の変換も日付変換も修正済み。さすが国産IME。

今までAndroid OSが元号に対応していないのを初めて知った。辞書に「令和」を追加するのは、どのIMEでも実施済みだったが、プログラムの改修が必要な「日付変換」はATOK以外は未完了だったが、いずれ改修されるでしょう。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。