ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

MacのTwitterアプリが復活。iPadがMacを延命させる?

MacのTwitterアプリが復活

長らく消えていたMac用のTwitterアプリが復活した。

Twitter for Mac

Twitter for Mac

  • Twitter, Inc.
  • ニュース
  • 無料

MacのTwitterアプリは、Mac専用のアプリを開発するリソースとユーザー数が見合わないと、Twitter社はアプリ開発を停止し、ブラウザ版を使うように促していた。

復活の鍵はMac Catalyst

Twitter社が方針を転換したのは、MacOS「Catalina」に搭載されたMac Catalystのおかげだ。Mac Catalystは、iOS用のアプリをわずかな変更でMacで稼働させるシステムだ。

実際には、iPad用のアプリをMac用にするには、かなり手間がかかるという話もあるが、TwitterアプリはCatalinaの正式版から時間をかけずに提供を開始された。

使い勝手はiPad版とほぼ同等

Mac版Twitterは、iPad版と使い勝手はほとんど変わらない。

f:id:tkan1111:20191016141218p:plain

メモリもSafariほどしか消費せず、画面も機能も変わらず、普通に使える。ただ、他のTwitterアプリにあるような自動スクロールはなく、タイムラインを更新したいときはホームボタンか「新しいツイートを表示」をクリックする必要がある。

f:id:tkan1111:20191016142613p:plain

iPadがMacを支える?

iOSと比較してユーザーが少ないMacで開発されるアプリは減ってきている。AppleはMacの開発をやめないと宣言しているが、稼働するアプリがなくなれば、Macを使い続けることはできない。

iPad用アプリのMacへの移行を容易にするMac Catalystは、Macの延命に繋がると思うが、その先にMacの未来があるかは不明だ。

iOSから独立したiPadOSを搭載したiPadは、キーボードだけではなくマウス、USBデバイスなどが利用できるようになり、MacとiPadの境はますます低くなってきた。

アプリも共通になってしまうと、Macの存在意義はさらに失われる。これがAppleが考えたMacを辞める方法なのかはわからないが、十年単位で考えるとMacが縮小していくのは間違いがないだろう。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。