ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

WWDC19で発表されたこと、そこから予想されることiOS・iPadOS編。タッチパッドとキーボード一体型iPad、iPhone ARが登場?

独立したiPadOS

WWDC19で一番のサプライズは、iPadOSの発表だった。ただ予想されたことではあった。ここ最近のiOSの発表では iPhone向けよりiPad限定の新機能が多く、iPhone向けのiOSから分離独立するのは自然な流れだった。

WWDCで発表されたことと、そこから予想できることを記します。

WWDC 2019のステージに立つティム・クック。

iPadのPC化

独立したiPadOSが目指すところは、iPadのPC(パーソナルコンピュータ)化だ。

近年のiPadは、複数のアプリを同時に起動できる「Split View」の導入など、PCの機能を取り込んできた。

iPadOSには、今までiOSが頑なに拒否していた「USBやSDカードとの接続」、MacのFinderのようなファイル管理、同一アプリの画面の複数表示機能などを追加した。

特に筆者が驚いたのはホーム画面に「通知」や「今日の予定」が置けるようになったことだ。AndroidOSではできていたので、iOS初期から要望されていたが、ホーム画面にはアイコンしか置けないシンプルな画面にAppleは固執し続けていた。

「今日の表示」にカレンダー、天気、写真が表示されている、iPadOSの新しいホーム画面

フォントの変更も行えるようになり、Macじゃないとできないことが少なくなり、

iPhoneだけではなくMacからも独立して、iPadは新しいパーソナルコンピュータとなるための一線を越えたように思う。

AppleにはmacOSというパーソナルコンピューター向けのOSがあるのに、どうしてもうひとつのパーソナルコンピューター向けのOSが必要なのだろう。

大きな理由は、プロセッサの違いだ。現在のmacOSはIntel CPUベースで動作している。ハイパワーではあるが高価で消費電力も大きい。iPadのプロセッサはARMベースなので、Appleが開発することができ安価で省電力だ。

現状のmacOSをARMベースに修正する方法もあったと思うが、Appleはその手法を取らなかった。

それは、次世代のパーソナルコンピューターはタッチスクリーンをインターフェイスの中心にすべきだという思想がAppleにあると考えられる。

iPadOSでは、スワイプでコピー&ペーストができるようになる。画面を占有せずに入力できるフローティングキーボードも搭載する。これらは今までの非タッチスクリーンではできない機能だ。

f:id:tkan1111:20190605090717p:plain

Microsoftが、既存のOSであるWindowsにタッチスクリーン機能を付与したのとは対照的に、AppleはタッチスクリーンベースのOSを改良してパーソナルコンピューターOSとしたのだ。

ついに登場する?キーボード一体型iPadとタッチパッド

iPadにはSmart keyboardなど純正のキーボードが用意されているが、Macのようなクロムシェル型のキーボードはない。

iPadがPCになるために最後に必要なのは、タッチパッドとかっちりしたキーボードだろう。膝の上でも安定して使える筐体、指を画面まで持っていかなくても操作できるタッチパッドは、効率性を上げるために必要だ。

ダークモード

噂通り、ダークモードがiOSに搭載された。筆者はMacでダークモードを使用しているが、使い慣れるとダークモードの方が自然に思えてくる。黒い画面に白い文字なので、黒板の文字を見ているようだ。

ダークモードは発光している部分が少ないので、省電力化に貢献できると言われる。特にOLEDでは効果が顕著で、OLED搭載が進むiPhoneのバッテリー消費の節約に貢献するはずだ。

f:id:tkan1111:20190605083555p:plain

セキュリティというセールスポイント

今回のWWDCでプレゼンターが何度も言及したのが、セキュリティだった。Appleは個人情報を守るとしつこいぐらいに語られた。

クックCEOがインタビューでも「Appleは個人情報では商売しない」と何度も言っている。GoogleやFacebookなどのライバルと自分たちは違うと主張する。

あまりに何度も言われるので、これしかアドバテージがないのか? と思いそうになる。

iOS13では、Apple IDだけで他社のサービスにログインできるようなった。

次期iPhoneの目玉はARか?

アプリで活用できる「ARKit 3」が発表された。ただ、iOS 13自体にはARの新しい機能は発表されなかった。

一方で、ストリートビューと同じ機能をマップに付与すると発表された。

f:id:tkan1111:20190605093117p:plain

噂によると次期iPhoneはトリプルカメラになるという。HDR撮影の強化など写真の品質を高めるために利用すると思われるが、それだけではなく、新しいカメラを使ってAR機能の強化に乗り出すのではないだろうか。

Googleがカメラからの映像にナビゲーションを同時に表示する機能をGoogle Mapに付与したように、現実の映像にナビゲーションを加える機能や、タンスを撮影すると中身が表示できるなど、現実と情報との融合を行うのではないだろうか。

それらの機能は既存のカメラでも行えるのだろうが、最新のiPhone限定にすることで、精度を高められ、新しいiPhoneのウリとなる。

iPhoneの買い替え需要が低迷している中、新型iPhoneだけの機能が魅力的にするのは、Appleにとって至上命題だ。

今回のiOS 13の新機能は、既存機能の改良にとどまるものが多かったが、販売回復のためにARを隠し玉にしているのは想像に難くない。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。