ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

WWDC19で発表されたこと、そこから予想されることtvOS・watchOS編。Apple TV Stickと省電力型Apple Watchが登場?

WWDC19開幕

年に一度のApple主催の開発者会議「WWDC」が始まった。今年のキーノートは、リーク情報と合致するところもあれば、サプライズもあった。

最大のサプライズはiPadOSとMac Proの登場だろう。Mac Proの形状は秋に発売開始することもあり、どこも正確にはリークできていなかったと思う。

キーノートは、主に、tvOS, watchOS, iOS, iPadOS, macOSの各OSのアップデートを中心に発表された。その中でAppleが語ったこと、同時に語らなかったことから予想できることを記します。

f:id:tkan1111:20190604095051p:plain

tvOS

  • 語られたこと:マルチアカウント、PS4などゲームコントローラへの対応。Apple TV+、Apple Arcadeへの熱意
  • 語られなかったこと:廉価版Apple TVの発表?

セットボックス「Apple TV」のOS「tvOS」は、マルチユーザーをサポートする。家族が別々のアカウントを所有し、家族の好みに合わせて映画などをリコメンドしてくれる。これはNetflixと同様だ。

もうひとつ大きな変更点は、XboxとPS4のゲームコントローラに接続できるようになったことだ。

言うまでもなく、秋に登場する「Apple TV+」「Apple Arcade」のための改良だ。

モバイルだけではなく、大画面ディスプレイで映画を鑑賞するためにApple TVは重要なパーツだ。Netflixと勝負するためにはマルチアカウントは必須の機能だ。子どもが映画を選ぶのに大人向け作品を表示するわけにはいかない。

Nintendo Switchは大画面テレビと接続して遊ぶことができる。定額ゲームサービス「Apple Arcade」でもApple TVは重要なキーパーツになる。iPhoneなどスマートフォンでゲームを遊ぶ最大のネックはコントローラなので、今回のコントローラ対応は本格的にゲーム業界に参入するには大事な措置だ。

マルチアカウント、ゲームコントローラ対応から、新サービスを成功させたいAppleの並々ならぬ熱意を感じる。

ハードウェアの発表はなかったが、秋には廉価版のApple TVが発売するのではないだろうか。そう予想する理由は、Apple TVが両サービスを成功させるキーパーツだからだ。その割にApple TVはライバルのFire TVなどに比べて高価だ。秋にはApple TV Stickが登場するかもしれない。

watchOS 6

  • 語られたこと:新しい文字盤、App Store、計算機など新しいアプリ。iPhoneからの独立
  • 語られなかったこと:バッテリー性能の向上

Apple WatchのOS「watchOS」も、もうバージョン6。

今回のアップデートでは新しい文字盤が多く追加される。

f:id:tkan1111:20190604101832p:plain
f:id:tkan1111:20190604101821p:plain
f:id:tkan1111:20190604101744p:plain

OS的の一番大きな変更点は、Apple Watch用「App Store」の対応だ。今まではiPhone経由しかアプリをインストールできなかったが、今後はApple Watch単体でアプリをインストールできるようになる。

f:id:tkan1111:20190604104625p:plain
f:id:tkan1111:20190604104602p:plain
f:id:tkan1111:20190604102112p:plain

新たなアプリも追加された。「オーディオブック」「計算機」「ボイスレコーダー」だ。どれもサードパーティ製に存在するアプリではあるが、純正にあると安心して多くの人が利用するだろう。

f:id:tkan1111:20190604102225p:plain
f:id:tkan1111:20190604102229p:plain
f:id:tkan1111:20190604103559p:plain

Apple Watchの重要なテーマである「健康」機能も付与された。

生理周期管理できるアプリや聴力に影響があるような騒音を計測して警告してくれる。

f:id:tkan1111:20190604102550p:plain
f:id:tkan1111:20190604102613p:plain

App StoreのオープンはApple Watch単体で稼働するためのひとつのステップだ。ただ、Apple Watch単体でアプリをダウンロード・インストールしたらApple Watchのバッテリーを大きく消費する。

騒音測定も、今回許可されたアプリのストリーミング放送もバッテリーを大きく消費する機能だ。

今までは大容量バッテリーを搭載できないApple Watchの消費電力を気にしていたのに、今回のアップデートでは方針転換している。バッテリー消費が激しい機能も積極的に追加している。

秋に登場するだろう新型Apple Watchでは、省電力化かバッテリーの増量が予想される。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。

ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。