ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

WWDC20で発表された気になった機能7つ

盛りだくさんだったWWDC20

WWDCの基調講演では数多くの新機能が発表された。

その中で気になった機能をご紹介します。

AirPods

AirPodsの自動切り替え

筆者的に一番気に入ったのがこの機能「AirPodsの自動切り替え」だ。同じApple IDに紐づいているデバイスの中で、音が鳴るデバイスに自動的に切り替わる。

自宅ではMac、外出先ではiPhoneに自動に切り替わって音が出る。今までは接続先を手動で切り替えないといけなかった。 

マルチポイント機能ではないので、複数のデバイスと同時に接続しているわけではないので、デバイスが変わると毎回接続音が鳴って切り替わることになるので、あまりスマートではないが、既存のハードウェアに新機能が追加されたのは嬉しい。

f:id:tkan1111:20200624082534p:plain

AirPods Proにバーチャルサラウンドサウンド機能

こちらも既存ハードウェアに追加される新機能。AirPods Proで5.1ch・7.1chサラウンド、Dolby Atmosを仮想的に再現できるようになる。しかも、加速度センサーとジャイロスコープを用いて頭の向きを変えても音場が乱れない。

ハードウェアの変更なしに、どこまでバーチャル感が出せるか試してみないとわからないが、初めてで高度なノイズキャンセリング機能を実現したAppleなので期待が持てる。

f:id:tkan1111:20200624084128p:plain

iOS 14

ホーム画面のウィジェット機能

今まで頑なにカスタマイズが許されなかったホーム画面にウィジェットが置けるようになる。天気予報や流している楽曲名、世界時計などをアプリをタップしなくても確かめることができる。Androidには昔からある機能なので目新しくはないが、iPhoneの使い勝手を大きく向上させるだろう。

f:id:tkan1111:20200624091249p:plain

デフォルトのEmailとブラウザアプリを変更

こちらも今まで許されなかったiPhoneのデフォルトアプリを変更できるようになる。今まで要望があったのに許可してこなかったのに、どうしてだろう。今回のアップデートでSafariが大きく改善される。AppleとしてはSafariの機能に自信があるのだろう。

f:id:tkan1111:20200624090552p:plain

カメラ機能の改善

カメラ機能が大きく改善される。今までよりも高速で美しい写真を撮影できる。

f:id:tkan1111:20200624091037p:plain

Apple Watch

Apple WatchにSiriショートカット

Apple Watch上でSiriショートカットができるようになる。手元ですぐに機能を呼び出せるのは便利だ。Siriショートカットに対応したアプリが増えるとさらに嬉しい。

f:id:tkan1111:20200624091458p:plain

同一アプリの複数コンプリケーションを設置

Apple Watchの文字盤に同一アプリの複数コンプリケーションを置くことができる。例えば天気予報では気温と天気状況を同時に表示できる。今までも基本アプリは複数コンプリケーションは置けたがサードパーティ製のアプリのコンプリケーションはひとつだけだった。

ただ、他のアプリが対応してくれないと意味がない。

f:id:tkan1111:20200624091930p:plain

ユーザーの要望を反映

今年もたくさんの機能が追加されそうだ。ユーザーの要望が多かった機能が多いように思う。ホーム画面のウィジェットやデフォルトブラウザの変更など、今までAppleが頑なに許可してこなかった機能が追加されるのは、クックCEO以降のユーザーによりそう姿勢が出ている。

一方で、AirPodsにはソフトウェアのアップデートだけで大幅に機能を追加できるのは、自社開発のOSとハードウェアががっつり連携しているから実現できたに違いない。

毎年のことだけど、秋が待ち遠しく、ベータ版をいつ導入しようか悩む日々が始まる。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。