ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

M1チップを搭載してもiPadはMacと本当に統合されないのか?

M1搭載で囁かれる噂

新型iPad ProにAppleシリコンM1チップが搭載された。搭載されたM1チップはMacBookと同じもので、性能も変わらない。そうなると、また例の噂が囁かれ始めている。その噂とは「MacとiPadが統合される」というものだ。

Appleは何度も否定しているし、今回も否定しているが、それでも本当に統合されないのか考えてみます。

f:id:tkan1111:20210424085539p:plain

iPadの性能はMacに追いついた

統合型チップであるM1チップはCPUだけではなくメモリ、ストレージも統合されているので、搭載されたiPad ProとMacの性能は変わらないはずだ。

従来は性能的にMacはiPadの上位だったが、M1チップの搭載sでノートブックタイプではiPad ProがMacに追いついた事になる。

M1 iPad Pro上でMacアプリを動作させる性能的な障壁はない。

キーボードもトラックパッドも装備可能

iPadはキーボードもタッチパッドも使える。以前はiPadがタッチスクリーン、Macがトラックパッドとインターフェイスの違いが統合の障壁だったが、トラックパッド付きのMagic Keyboardを装着すれば、iPadをノートPCのように操作することができる。

キーボードは従来から使えるので、周辺機器を使えばインターフェイス上もiPadとMacの障壁はなくなる。

iPadアプリが動作するMac

M1 MacはiPadOSのアプリが動作する。挙動がおかしいアプリもあるが、Macに対応したiPadアプリは増えていっている。

ただ、逆にMacのアプリはiPadOSでは動作しない。今まではiPadの性能が低かったのもあるが、M1チップを搭載したことで性能的にはiPadでMacのアプリが動作する障壁はなくなったはずだ。

では、今後M1 iPad ProでMacアプリが動作するようになるのだろうか。

おそらく、それは実現しないだろう。実現しない理由の一つは、Macの周辺機器の豊富さだ。Macは多くの周辺機器と接続して使われてきた。アプリはエミュレートして動作させることは可能だが、周辺機器は物理的に繋がって動作させないといけない。現在のMacのインターフェイスはUSB-Cに統一されているが、過去のMacのモデルは他のUSB-AやFireWireポートも装備していた。iPadでMacアプリを動作させるに、レガシーの周辺機器も考慮する必要がある。

統合しない最大の理由はメリットがないから

レガシーの周辺機器の問題もあるが、iPadOS上でMacアプリを動作させない最も大きな理由は、「動作させるメリットがAppleにない」からだと思われる。

新たに開発されるアプリの数はMacよりiPadの方が圧倒的に多い。新たに開発されているアプリで、Macしか存在しないアプリは現状ではほとんどない。過去のアプリを使用すること以外にMacアプリをiPadで動作させるメリットはないし、過去のアプリもいずれは使われなくなっていくだろう。

Appleが手間暇かけてMacアプリをiPad上で動作させる必要性はかなり低い。自社で開発したアプリを使い続けている例はあると思うが、昔からオフィスで広く使われていたWindowsに比べてビジネス用途で使われるMacアプリは多くない。

コストをかけてMacとiPadを統合させなくても、iPadユーザーが増えていってMacを使う人が減っていけば、Macは自然消滅していくだろう。性能が同じなら、今まではMacbookを使っていたが、今後はiPad Proを選択するユーザーも増えていくだろう。M1並の性能が不要であれば、iPad Proより廉価なiPadを選んでも良い。

Macユーザーが減れば、いずれMacの新製品は開発されず、自然消滅していくかもしれない。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。