ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

購入検討者のためのiPad選び方ガイド。一番お得なのは64GB iPad mini?

5モデルのiPad

iPad Air、iPad miniの登場で、現行iPadは5モデル体制になった。選択肢が増えるのは嬉しいことだが、何を選んだら良いか迷う人もいるだろう。

筆者が考えるiPadを選ぶコツをお届けします。購入の参考になれば幸いです。

f:id:tkan1111:20190403083215p:plain

サイズ

5モデルもあってややこしいようにみえるが、ディスプレイサイズで重複しているモデルはない。7.9インチのiPad miniから12.9インチのiPad Proまで少しずつディスプレイが大きくなっていく。

自分がどのサイズのディスプレイが必要かはiPadを選ぶ際に最も大事なポイントだ。CADや絵を書く人は大きなディスプレイサイズのほうがいいだろう。

f:id:tkan1111:20190403083555p:plain

ディスプレイサイズが大きくなれば、本体サイズも大きくなるが、例外は10.5インチiPad Airと11インチiPad Pro。ディスプレイサイズはiPad Proの方が0.5インチ大きいが、Face IDでベゼルが狭いiPad Proの方が縦方向は短い。

f:id:tkan1111:20190403084721p:plain

立って使う機会が多いなら、7.9インチのiPad miniがよいだろう。成人男性なら片手で握るように掴んで使うことができる。それ以上のiPadは基本的に置いて使うことが多いだろう。

  • 立って使うならiPad mini。11インチiPad ProはiPad Airより本体サイズが小さい

プロセッサ

廉価版の位置づけであるiPadだけが2世代前のA10 Fusionプロセッサを搭載している。A12の拡張プロセッサであるA12Xを搭載するiPad ProはMacbookと比較できるぐらいベンチマーク上は高速だが、通常の使用では相当な負荷をかけないとA12との差は分かりづらい。

f:id:tkan1111:20190403085309p:plain

iOSのバージョンアップ対象機種はプロセッサによって足切りされることが多いので、長く使っていきたいなら、無印iPadは避けたほうが良いだろう。

  • 長く使うならiPadは避ける

ストレージ

各モデルのストレージ容量は重複している。iPad Proの2モデルのみ1TB版が用意されている。SDカードなどであとからストレージを増量できないiPadは最初から大きめのストレージを選択する方が無難だ。

といっても最近ではiCloudやApple Musicなどのクラウドサービスが充実しているので、1TBまで必要な人はレアかもしれない。

iPadの32GB版は一番安価だが、ストレージサービスを外出先で利用しづらいWi-Fiで32GBを選ぶのは慎重に考えたほうがいい。

f:id:tkan1111:20190403090126p:plain

  • 32GBのiPadを選ぶなら慎重に

付属品

iPad ProだけがApple Pencil(第2世代)に対応している。といっても世代によってApple Pencilの書き味は変わらない。マグネット充電できるかどうかが大きく違う点だ。

iPad AirはSmart Keyboardに対応していて、iPad ProシリーズはSmart Keyboard Folioが使える。通常のSmart Keyboardとの違いは背面を包むようにカバーできることと、角度を2段階に調整できることだ。

逆にSmart Keyboardなら、背面カバーを自由に選ぶことができる。

f:id:tkan1111:20190403091154p:plain

  • Smart Keyboard Folio、第2世代Apple Pencilを使いたいならiPad Pro一択

価格

iPad Proは最低容量の64GBでもiPad Airの128GBよりも高い。iPad Proだけ別格なのだ。Face IDやApple Pencilの第2世代をスマートで使いたい人はiPad Proを選ぶしかないが、価格ほどの魅力を感じない人は、別のモデルを選ぼう。

f:id:tkan1111:20190403092654p:plain

廉価版扱いのiPadだが、ストレージ容量は32GBと128GBしかない。32GBだとさすがに心もとないので128GBを選ぶと、iPad miniの64GBの方が安くなる。

実用性で考えるとiPad mini 64GBが最も安くiPadを手に入れることができるモデルだ。

f:id:tkan1111:20190403093014p:plain

  • 64GB以上のiPadならiPad miniが一番安い

まとめ

性能や使用できる付属品の仕様では、iPad Proだけが大きく異なる。当然、価格も違うので、Face IDなどのiPad Proだけの仕様が必要かどうかが、まずは選択する分かれ目になる。

他のモデルはディスプレイサイズによってモデルを決めることができる。ただ無印iPadだけはプロセッサが異なるので、長く使うのであれば他のモデルを選んだほうが無難だ。

無印iPadが安そうにみえるが、ストレージが小さい32GBのiPadは選びづらい。7.9インチのディスプレイサイズで問題がないならiPad miniの64GBはお買い得だ。Apple Pencilも使えて、iPad Airと性能は変わらない。

一番無難な選択はiPad Air 64GBだ。価格も54,800円と手頃だし、10.5インチのディスプレイサイズは、iPhoneと違うiPadらしい体感が得られるはずだ。