ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新iPad mini、新iPad Air発売。iPad Airが復活した理由とイベント前のサイレントローンチが意味すること

新iPad mini、新iPad Air発売!

昨日突然Appleのサイトがメンテ状態になり、メンテが終わると新iPad miniと新iPad Airが登場していた。この発表を予想できた人はいないだろう(Appleの中の人以外)。

今回の発表で驚いた点は、こちら。

  • iPad miniのApple Pencil対応
  • まさかのiPad Airの復活
  • イベント直前のサイレントローンチ

それぞれの意味と背景を考察します。

f:id:tkan1111:20190319090756p:plain

iPad miniのApple Pencil対応

iPad miniが復活する噂は昨年から何度もあったが、あの小さな画面でApple Pencilに対応すると思っていた人は少ないだろう。iPad miniのディスプレイサイズは7.9インチで、iPadファミリーでは最小であり、iPhone史上最大のiPhone XS Maxのディスプレイサイズ6.5インチとの差は、1.4インチしかない。

ジョブズがスタイラスペンは不要と言った影響かどうかわからないが、Appleは小型ディスプレイでApple Pencilを使うのは否定的だと思っていたので、意外な対応だ。

f:id:tkan1111:20190319083219p:plain

iPad Airの復活

iPad Airの復活もかなりのサプライズだった。昨年春に発表した無印iPadのアップデートが行われると思っていたが、無印とは別にiPad Airの名が2年ぶりに復活した。

これによりiPadは5種類のディスプレイサイズが揃ったことになる。

小さい順に並べると、このようになる。

  • 7.9インチiPad mini
  • 9.7インチiPad
  • 10.5インチiPad Air
  • 11インチiPad Pro
  • 12.9インチiPad Pro

ディスプレイサイズとストレージの関係を表した図が、こちら。

f:id:tkan1111:20190319085215p:plain

モデル数が多すぎるように思えるが、こうやって並べるときっちり整理されているのがわかる(少なくても同じディスプレイサイズの製品がひしめくMacBookシリーズよりは)。iPad Airは、iPad ProとiPadの間に入るサイズだ。「廉価版ではないiPad」がiPad Airと考えて良さそうだ。

ディスプレイとストーレジ以外のiPadとの違いは、こちら。

  • チップ(iPad Air: A12 / iPad: A10)
  • True Toneディスプレイ対応
  • Smart Keyboard対応 (Smart Keyboard Folioではない)
  • eSim対応

A10はiPhone 7に使われたチップなので、無印iPadの速度に不満を持つ場面は少ないだろう。そうなると、残りの3つの違いとディスプレイサイズの大小をどこまで重視するかによって、買うプロダクトが決まってくる。

ちなみに、iPad Airは無印iPadより0.6 mm薄いが、重量はほとんど変わらない。軽さを求めるなら、iPad AirよりiPad miniを購入すべきだ(iPad miniは約300g)。

f:id:tkan1111:20190319085913p:plain

f:id:tkan1111:20190319083356p:plain

 

イベント直前のサイレントローンチ

来週の3月25日にAppleはイベントの開催を予定している。その直前に新製品を発表するのは、かなり異例だ。

この時期に発表したのは、元々はイベントで発表する予定だったがイベント内で発表しきれないか、他の発表に注目を集めたいのが理由だろう。

ハードウェアメーカーは、何年も前から新製品の発表スケジュールを決めて開発を進めている。今回のiPad miniとiPad Airも2019年春イベントで発表するつもりで開発していたに違いない。

チップだけを変更するなどのマイナーチェンジの場合は、サイレントローンチもありえるが、今回は「史上最小サイズのApple Pencil対応iPad」「まさかのiPad Air復活」とイベントで発表しても十分興味を引く内容だったから、意外だった。

とは言っても、防水やワイヤレス充電など今までのiPadにない革新的な要素は皆無だったから、サイレントローンチにした判断も理解はできる。

「他の発表に注目を集める」のが、今回のサイレントローンチの主な理由と思われる。今回のイベントでは「定額動画配信サービス」「定額雑誌読み放題サービス」の登場が噂されている。

サービス部門の売上拡大は、iPhoneの売上が停滞しているAppleにとっては至上命題。そのために、ハードウェアの発表を今週行って、来週のイベントでは新サービスの発表にたっぷり時間を充てるつもりに違いない。

新型AirPods 2は?

そうなると気になるのは、iPadと同じく噂になっていた新型AirPods 2はどうなったか。個人的にも大変期待しているモデルで、昨日はメンテが終わったらすぐに購入しようとAppleサイトとにらめっこしていた。

新サービスの発表に注力するなら、新型AirPodsの登場もないことになる。今回発表するサービスとAirPodsとAirPowerは親和性が低い(雑誌サービス向けならiPad Airのほうがまだ理解できる)。

3月のイベントがある年は、WWDCでハードウェアの発表が行われる可能性は低い。AirPods 2の登場は、秋のiPhone発表までおあずけになるのだろうか。内容的にはiPhoneと同時発表が一番しっくりくるけど、個人的には非常に残念だ。