ITと小説

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

iPhoneがApple Pencilに対応しない3つの理由

iPhoneにApple Pencil

iPhoneではApple Pencilが使えない。小型のiPad miniでもApple Pencilは使えるようになったので、たとえば大型ディスプレイを搭載しているiPhone 13 Pro MaxならApple Pencilが使えても良いと思うのだが、対応していない。

噂によると次期iPhoneであるiPhone 14シリーズでも対応していないそうだ。どうしてiPhoneがApple Pencilに対応しないのか理由を考えてみます。

f:id:tkan1111:20220417081858p:plain

画面が小さい

iPhoneのPro MaxシリーズはiPhone史上もっとも大きなディスプレイだが、それでも6.7インチしかない。iPad miniは小さいといっても8.3インチある。数字的には近く感じるが、比べてみると全然違う。アスペクト比が異なることもあるが、体感的にはiPad miniのほうが2倍大きい。

6.7インチのPro Maxでは、Apple Pencilを使って繊細な絵が描けない。この画面サイズだと、Apple Pencilと指で操作するのと大差がなく、Apple Pencilの良さが活かせない。

iPadとの棲み分け

ディスプレイサイズが近づいても、AppleはiPadとiPhoneでは役割を明確に分けている。iPadにはできるが、iPhoneではできないことがいくつもある。

Apple Pencilだけではなく、マルチタップジェスチャー、ふたつのアプリを表示するSplit View、Macのサブディスプレイ化するSidecar、USB-C端子を用いた周辺機器との接続は、iPadにしかできない。

こうやって機能を並べるとわかるが、iPadはクリエイター向きの機能が満載だ。iPhoneはコンテンツを消費するためのデバイスで、iPadをコンテンツをクリエイトするためのデバイスというようにAppleは棲み分けをきっちりしている。

だから、絵や図を描くためのApple PencilにiPhoneは対応しないのだ。

コスト

Apple Pencilを使えるようにするためには、デバイス側も改良が必要だ。iPadには手のひらを置いても反応しないパームリジェクションが必要になる。iPhoneの画面は小さいので手のひらを置くことは少ないかもしれないが、第2世代Apple Pencilを使うには充電するための磁気コネクタが必要だ。磁気コネクタを内蔵すればコストもかかるし、そもそもiPhoneには内蔵する場所がない。

メリットより多いデメリット

iPadとiPhoneを棲み分けたいAppleの事情はさておき、iPhoneがApple Pencilに対応するメリットは少なそうだ。Apple Pencilを使ってコンテンツを作りたいなら、素直にiPadを購入した方がよく、iPhoneはやはりコンテンツを消費することに注力したほうがスマートだと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。