ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone 12 miniはiPhone SEのOLED版ではなく、iPhone 12 Airでは?

iPhone 12 mini?

今年の秋に登場するiPhone 12シリーズは4モデルと噂されている。

  • iPhone 12 mini(5.4インチOLED):新型
  • iPhone 12(6.1インチ液晶。OLEDという噂もあり):iPhone 11後継
  • iPhone 12 Pro(6.1インチOLED):iPhone 11 Pro後継
  • iPhone 12 Pro Max(6.7インチOLED):iPhone 11 Pro Max後継

既存の3モデルのディスプレイサイズが拡大し、新たに小型サイズのディスプレイを搭載するiPhone 12 miniが登場すると言われている。

噂されているiPhone 12 miniは登場せずに、miniモデルではなく、Airモデルが発売されると予想する。

その理由を記します。

f:id:tkan1111:20200511085606p:plain

iPhone SEの存在

他の3モデルが大型化するなら、空いたスペースに新しいモデルが登場するのは理屈にかなっているが、そのスペースにはiPhone SEが存在している。

  • iPhone SE(4.7インチ液晶)

5.4インチと4.7インチは別カテゴリーの製品ではあるが、iPhone 12 miniはOLEDのフルディスプレーと言われており、ディスプレイサイズに比べてボディサイズは小さい。

  • iPhone 12 mini(5.4インチOLED):131mm x 64mm
  • iPhone SE(4.7インチ液晶):138mm x 67mm

噂されているiPhone 12 miniのボディはiPhone SEより少しだけ小さいだけで、サイズ感はかなり似ている。フルディスプレイだからホームボタンがなくベゼルが細いので小型サイズを実現できるのだろう。

ホームボタン付き液晶モデルとOLEDのフルディスプレイでは見た目は異なるが、過去にこのようにボディサイズが酷似するモデルが同時に販売されたことはなかった。

多すぎるモデル

iPhone SEを含めると全部で5モデルが販売されることになる。過去にこれほど多くのモデルが同時に販売されたことはない。

ここ数年Appleはモデルの整理を進めてきた。iPhone XRという分かりづらいネーミングを標準モデルを意味するiPhone 11にリネームした。その上位モデルには、Apple伝統のProを冠した。

別のネーミングがいろいろ噂されたが、廉価版のiPhoneは過去にも使われていたiPhone SEが使われた。

そこに、また新たに「mini」を追加するだろうか。iPadのラインナップと同様なら、たしかにiPhoneにもminiモデルがあってもおかしくはない。iPadには、mini、無印、Air、Pro、Pro Max(12.9インチ)の5モデルがある。iPadの無印とAirは重複しているが、Airは標準モデルに近く、タブレットが売れるボリュームゾーンだ。

iPhone 12 miniはiPhone SEに近く、4.7インチのiPhone SEは今のスマートフォンのトレンドからして標準モデルとは言い難いサイズだ。そのゾーンに新たなモデルを投入するだろうか。

成功しない小型プレミアモデル

iPhone 12 miniは5.4インチOLEDフルディスプレイと言われている。OLEDは液晶よりもコストが高く、今まではプレミアモデルに内蔵するディスプレイとして扱われてきた。

OLED搭載のiPhone 12 miniは小型ディスプレながら値段はそれなりになると予想される。

過去に小型のプレミアムモデルが成功したことはほとんどない。ディスプレイサイズが小さいとコストも安いからか、OLEDのような付加価値を付けたモデルでも価格を上乗せしづらい。

ガジェット好きならPCみたいに小型ということに価値を感じるが、スマートフォンのように一般の人が多く購入する製品は小さい=安いというイメージが定着しているので、小型で高価格の製品は売りづらい。

miniなのか? Airなのか?

miniモデルとなるとどうしても安く、iPhone SEと重複する。だけど、iPad Airのように、スタンダードモデルiPhone 12の似たモデルとして販売したらどうだろう。重複感はあるけど、ボリュームゾーンでもあるので、そこそこ売れる可能性はある。

ただ、iPhone 12 miniと呼ばれているモデルが薄型にできるかはわからない。スマートフォンを小型で薄型にするとバッテリーがどうしても犠牲になる。バッテリー持続時間が短くなる可能性があるのが気になるが、SEのOLED版として売るよりは人気が出るのでは?

 
IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。