ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhoneのライブフォト(Live Photos)をオフにする方法

iPhoneのLive Photos

iPhoneのLive Photosは、シャッターを切った前後1.5秒の動画を記録してくれる機能だ。音も一緒に収録されるので、手軽な動画撮影として利用できる。

f:id:tkan1111:20191021134224p:plain

便利なLive Photos機能だけど、ノーマルな写真を撮影する時はオフにしておきたい。カメラモードのをタップすればオフにできるが、カメラを起動すると毎回Love Photosがオンになっている場合がある。

この設定を解除する方法を記します。

設定でLive Photosをオフにする方法

  1. iPhoneのアプリ「設定」を開き「カメラ」をタップ

    f:id:tkan1111:20191021135954j:plain

  2.  「設定を保存」をタップ

    f:id:tkan1111:20191021140033j:plain

  3.  「Live Photos」をオン。オンにすると機能がオフになるのでややこしい。説明文には「自動的にオンの状態に戻らずに、Live Photosの設定を保持します」とある。
    Live Photosをオンの状態が、通常の撮影モードだとAppleは考えて言えるのだ。
    この設定をオンにしておけば、カメラモードでは「Live Photos」がオンにならなくなり、最後の撮影モードの設定が保持される。

    f:id:tkan1111:20191021140129j:plain

Live PhotosをすすめたいApple

上の設定でわかるとおり、AppleとしてはLive Photosをデフォルトにしたい意図がありそうだけど、Live Photosを常用していない人は、この設定をオンにしておこう。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。