ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

【watchOS 8】通知を読み上げるアプリを設定する方法【Apple Watch】

watchOS 8が公開

Apple Watchの新しいOS「watchOS 8」が公開された。追加された様々な新機能の中に、「通知の読み上げ」機能の拡大がある。AirPods Proなどの該当イヤホンを接続していると、今までは着信したメッセージを読み上げてくれたが、他のアプリの通知も読み上げてくれるようになった。

だけど、全てのアプリの通知を読み上げられると結構うざい。

通知を読み上げてくれるアプリの設定方法をご紹介します。

通知を読み上げる条件

通知を読み上げてくれるのには、いくつかの条件がある。

読み上げる条件はこちら。

  • アンロックしたApple Watchを装着している
  • AirPods Pro(または第2世代AirPods、AirPods Max)を装着している
  • iPhoneとApple Watchの画面が消灯している

これらが揃っているときに通知を読み上げてくれる。

読み上げるアプリを設定する方法

  1. Apple Watchの「設定」を開く
  2. 「通知」→「通知の読み上げ」をタップ

    f:id:tkan1111:20210923090606p:plain

    f:id:tkan1111:20210923090650p:plain

  3. 「通知の読み上げ」をオン

    f:id:tkan1111:20210923090749p:plain

  4. 通知を読み上げてほしいアプリだけをオンにする。通知をオフにしていても、読み上げをオンにすると自動的に通知がオンになる

    f:id:tkan1111:20210923090819p:plain

  5. 「確認なしに返信」をオンにすると通知を読み上げた後、発話での返信した時に確認が入らない

    f:id:tkan1111:20210923090909p:plain

ワークアウト中は便利

画面が見られないワークアウト中でも、通知を読み上げてくれるので非常に便利だ。メッセージなら、音声で返信も可能だ。

必要な通知のアプリだけを設定して、必要な通知を聞き逃さないようにしよう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。