ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

macOS「Monterey」の一部機能がIntel CPU搭載Macでは使えない理由

Intel CPU搭載Macでは動作しない?

WWDCで発表された次世代macOS「Monterey」の一部機能は、M1搭載Mac専用でIntel CPUの従来型Macでは動作しない。

せっかくの新機能なのに、どうしてIntel Macでは使えないのだろう。理由を考えてみます。

f:id:tkan1111:20210611081733p:plain

利用できない機能

Intel Macで使えない機能は、こちら。

  • FaceTimeで背景をぼかす機能
  • 画像の文字認識
  • 3Dスキャン機能
  • 無制限に音声認識する機能
  • 「マップ」の詳細表示

背景ぼかしは、Zoom対抗の機能で、今回の目玉機能の一つ。日本語には非対応の文字認識もM1 Mac専用の機能だ。

iOS / iPad共通の機能

今回macOSに追加された機能の多くはiOS / iPadOS共通だ。FaceTimeの改良も画像の文字認識も両OSに搭載される。

M1チップはiPhone、iPadで使用されるチップの拡張版だ。基本設計が同じなので、M1チップMacではiOSのアプリが動作する。iOSに採用された新機能はMacOSに移植するのも容易と思われる。

インテル版Macでは、iOSのコードは動作しないので、今回の最新機能はM1 Mac限定になったのだろう。

ただ、新機能を以前のインテル版Mac用のコードに変換することもできたはずだ。現にSafariの改良やクイックメモはiOS・macOS共通の新機能だ。

全ての機能を変換しない理由はなんだろう。M1チップの高性能が必要というのが一つの理由だ。FaceTimeの背景ぼかしにはマシンパワーが必要だ。今となっては非力なインテルチップでは実現できなかったの。だが、Zoomの背景ぼかしはインテル版Macでも動作する。インテル版Macに移植できないことはない。

レガシーになるインテル版Macへ移植する手間をAppleが惜しんだことが真相だろう。Appleは年内にM1チップへの移行を公言しているので、インテル版Macは早晩使えなくなる。新機能が徐々にインテルMacでは使えなくなって、買い替えを促していくに違いない。

インテル版Macはいつまで使える?

Montereyから、一部の機能がインテルMacで動作しなくなったのが明らかになった。今後、新たな機能がmacOSに追加される度に、M1 Macだけで動作する機能が増えていくと思われる。iOSの新機能が最新のiPhoneでしか動作しないのと同じスタイルだ。

MacBookシリーズでいうと2015年以降のモデルでMontereyをインストールできる。このままのペースなら発売して6年後ぐらいまでのMacは最新OSを享受できるはずだ。

インテル版Macで最新のmacOSは動作しても、新たな機能は徐々に使えなくなっていく。それらの新機能を使いたいならM1 Macに買い換えるしかない。今回はFaceTimeの背景ぼかしなど、FaceTimeを使わない人には無関係の機能だが、今後は根幹の機能でもIntel Macが対象外になっていくだろう。自分が欲しい機能が使えなくなった時が買い替えのタイミングかもしれない。

インテルMacから買い換えるなら、できれば新しいボディデザインのMacが欲しい。デスクトップはiMacでボディを刷新したので、残るはMacBookだ。WWDCで新型Macbook Proが発表される説が有力だったが、発表されなかった(ミニLEDや半導体不足が原因と言われている)。

Montereyの正式リリースと同時にできれば最新ボディデザインのMacbookを登場して欲しいところだ。

f:id:tkan1111:20210612100313p:plain

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。