ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

「このパスワードはデータ漏洩で検出」と言われた時の対処方法【iPhone】

パスワードが漏出?

iPhoneでWebにアクセスすると「このパスワードはデータ漏洩で検出されたことがあるため、このアカウントは危険にさらされています。パスワードはすぐに変更した方がよいでしょう。」という警告メッセージが表示されることがある。

結構恐ろしいメッセージなのでビビるけど、どうしたら良いか対処法をご紹介します。

f:id:tkan1111:20210125111256p:plain

メッセージの意味

このメッセージは、今回利用したパスワードが過去に漏洩したパスワードと同一だったというメッセージで、ユーザーのパスワードが漏洩したわけでもなく、ユーザーのIDとパスワードの組み合わせが漏洩したことを示しているわけではない。

漏洩した可能性もゼロではないが、大体の場合、今すぐ危険があるというわけではない。ただ、漏洩したパスワードと同一ということは、「使われやすいパスワード」であるとは言える。

後からパスワードを変更する方法

メッセージが出て、すぐにパスワードを変更することもできるが、後からまとめて変更することもできる。

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「パスワード」をタップ

    f:id:tkan1111:20210708102322p:plain

  3.  「セキュリティに関する勧告」をタップ

    f:id:tkan1111:20210708102622p:plain

  4.  各サイト毎に、パスワードのセキュリティ状況を教えてくれる。同じ言葉が繰り返されていたり、簡単に推察できる言葉だったり、その他のWebサイトで再使用されていたりと表示される
    f:id:tkan1111:20210708102839p:plain

  5. 危険だと思ったら、「Webサイトのパスワードを変更」をタップして、ログイン画面へ移動して、パスワードを変更する

メッセージを非表示する方法

「データ漏洩」のメッセージがうざい場合は非表示にもできる。

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「セキュリティに関する勧告」をタップ

    f:id:tkan1111:20210708102622p:plain

  3. 「保護されたパスワードを検出」をオフにする

    f:id:tkan1111:20210708103947p:plain

穿った見方も

パスワードの危険性を教えてくれるのはいいが、ちょっと大袈裟なメッセージなので、驚いてしまう。Aユーザーのセキュリティ意識を高める理由もあるだろうが、ppleにはこんなメッセージを表示する他の理由がある。

iPhoneには「強力なパスワード」を生成する機能がある。iPhoneが生成してくれるパスワードはかなり複雑で容易に特定されないが、覚えて毎回入力するのも大変なので、Appleのクラウドシステムである「iCloudキーチェーン」にパスワードを保存することになる。同じApple IDでログインしたデバイスでパスワードを使うことができて便利だから、iCloudキーチェーンつまりAppleのエコシステムから逃れにくくなる。

そのために警告メッセージを出しているわけではないと思うが、あまりにも頻繁にメッセージが表示されるのでメッセージをオフにしたくなる。

IDとパスワードが合わせて漏洩したとか本当にまずい時だけメッセージを表示してくれるとありがたい。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。