ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

PayPay一人勝ちの先にあるゲームチェンジ

PayPay一人勝ち

PayPayの利用者数が1474万人、加盟店舗数が154万箇所、4半期の決済回数は約1億回に至ったとソフトバンクグループが明らかにした。特に消費税増税以降のポイント還元で決済回数は8500万回に達したそうだ。

利用者数、加盟店舗数、決済回数とも、QRコード決済ではPayPayがトップだ。チェーン店・個人店でも、体感的にPayPayが使える店舗はかなり多い。

ソフトバンクの資金を投入した百億円キャンペーンで耳目をまず集めた。次にソフトバンクの営業力を駆使して、かなり多くの個人店でも使えるようにした。「こんなところでもつかえるの?」というぐらい山の中の店舗でもPayPayが使えて驚いたことがある。

個人店だと、クレジットカードの決済端末を導入するのもカード手数料も負担だが、PayPayは現段階では手数料無料だし、QRコードをレジ横に掲示するだけなので、店舗側の負担はほとんどない。

f:id:tkan1111:20191107102158p:plain

ここぞというときに資金と組織力を投入して、イメージを植え付けてシェアを獲得する。ADSLや携帯電話でも行ってきたソフトバンク十八番の手法が、今回はうまくいった。

さらに、福岡ドームを「PayPayドーム」と改称したり、PayPayモールをスタートしたりとグループ総出でPayPayを盛り上げていっている。

金融プラットフォームになるPayPay

どうしてここまで本気でPayPayをソフトバンクがひろめているかというと、PayPayが将来の金融プラットフォームになると考えているからだ。

当たり前のことだが、物・サービスを金と取引することが経済の基本だ。どんなにIT・オンラインが発達しても、その原則は変わらない。必ず生じる決済をおさえることで、PayPayをプラットフォーム化して、市場を握ろうと考えている。

店舗の小額決済、オンライン決済、税金や公共料金の支払いなどにPayPayは様々な決済に利用できる。PayPayを通すことで、PayPayに個人情報が集まり、顧客の嗜好に合わせた広告を打てるので、フリーマーケットや通販市場で優位に立つことができる。

国内企業によるゲームチェンジが起きるか?

 ITプラットフォームというとアメリカ企業が強かった。OSのMicrosoft、通販のAmazon、スマートフォンのAppleと外資系企業が市場を制圧してきた。

現状の決済サービスでは外資系サービスは弱く、PayPayなど国内企業によるサービスが強い。

金融は国よって制度が異なるので、外資系には参入が難しい分野だ。全国各地で加盟店を増やすには営業力が問われ、こちらも外資が苦手なところだ。外資だけではなく、IT企業全般がシステムを構築するのは得意だが、人件費と手間がかかる営業力をもっていないことが多い。ソフトバンクが他のIT企業と異なる強みでもある。

今後、PayPayを中心にソフトバンクグループのビジネスが変わっていくのは間違いない。さらにその先には、PayPayを使ったゲームチェンジが起きて、既存のプラットフォームを脅かす存在になる可能性もある。

 

 IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。

ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。