ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Wi-Fi 6対応ルーターのバッファロー「WSR-3200AX4S」導入レビュー

Wi-Fi 6を試してみたい

3年ぶりに買い替えたiPhone 12 miniは次世代無線規格「Wi-Fi 6」に対応している。折角の新機能を試さないのはもったいないので、Wi-Fi 6対応のWi-Fiルーター「WSR-3200AX4S」を購入してみた。

導入レビューをお届けします。

 バッファロー「WSR-3200AX4S」を購入

購入したのはバッファロー製「WSR-3200AX4S」。自宅ではずっとバッファロー製のWi-Fiルーターを使用しているので今回もバッファロー製を購入した。

「WSR-3200AX4S」はバッファロー製のWi-Fiルーターの中ではスタンダードなモデルに位置する。2020年12月に発売されたばかりで、価格も手頃な割に(11,800円。2020/12/13アマゾン調べ)、5GHzのアンテナ4本と2.4GHz4本を内蔵している。最大速度は2402MBps。

f:id:tkan1111:20201213123139p:plain

本体はこちら。縦置きと壁掛け用のスタンドが付いていて平置きは不可。シンプルで嫌味がないデザインで好感が持てる。これならリビングにおいても悪目立ちしないと思う。

背面は、AUTOとMANUAL、ROUTER・AP・WBの切り替えスイッチがある。AUTOにしておけば、下部のスイッチがどこに設定されていても関係ない。初心者がルーター導入時によく失敗するROUTER・アクセスポイント問題もAUTOにしていれば問題ない。購入した時のデフォルトはAUTOになっているので、下手にいじらなければ失敗しない。

スイッチ下にはINTERNETポートと4つのLANポートが並ぶ。正面のボタンはAOSSのみ。電源ボタンは存在しない。

f:id:tkan1111:20201213123541j:plain
f:id:tkan1111:20201213123633j:plain
f:id:tkan1111:20201213123701j:plain

WSR-2533DHPとの比較

今まで使っていた「WSR-2533DHP」との比較。WSR -2533DHPの発売は2006年なので4年前のモデル。axにはもちろん未対応でacまでのWi-Fi規格に対応している。アンテナは5GHz・2.4GHzとも2本ずつ内蔵している。大きさはほとんど同じだけどコーナーが丸いのでWSR-3200AX4Sの方がコンパクトに見える。

f:id:tkan1111:20201213134255j:plain
f:id:tkan1111:20201213134219j:plain

設定は簡単

設定は楽ちん。バッファローは「無線引っ越し機能」に対応していて、AOSSボタンを押せば以前の無線設定を引き継ぐことができるはずだが、なぜかうまくいかなかった。

とは言っても、INTERNETポートにケーブルを差し込めばルーターが自動的に設定してくれる。

SSIDが2.4GHzと5.0GHzでそれぞれ3種類設定できる。新しい認証である「WPA3 Personal」が設定できるようになった。

f:id:tkan1111:20201213135811p:plain

WSR-3200AX4Sは、バンドステアリングLiteに対応している。バンドステアリングLiteは電波強度を判断して5GHzと2.4GHzを自動的に切り替えてくれる。一般的に5GHzは短い距離では速度が出るが遠距離に弱く、2.4GHzは速度は出ないが遠距離でも繋がる。

自動的に切り替えてくれるのは良さそうだけど、なかなかうまくいかなかった。自宅から帰ると2.4GHzにまず繋がるが、当然速度は出ない。すぐに5GHzに切り替わればいいが、何度か試したら、切り替わるのに時間がかかることもあった。

f:id:tkan1111:20201213135931p:plain

もう一つの問題は5GHzに未対応な機器の設定ができなかったことだ。

家電コントロールに使っているeRemote miniは5GHzに対応していない。バンドステアリングLiteの設定をすると、2.4GHzも5Hzも同じSSID名を使うことになるが、eRemote miniはこのSSIDを見つけることができなかった。

というわけで、バンドステアリングLiteは設定しなかった。

速度は?

肝心の速度はどうなったか。以前のac対応のWSR-2533DHPでは大体300Mbpsぐらいの速度だったが、WSR-3200AX4Sでは500Mbps前後の速度が出るようになった。体感的にもウェブの表示が速くなったのが実感できる。

acは理論値での最大通信速度は6.9Gbpsで、axの最大通信速度は9.6Gbps。axの方が約1.4倍高速だ。自宅の環境では約1.6倍の速度が出たので、合格点を与えられる性能だ。

ただ、なぜか上りは遅くなった。色々調べたけど理由は不明。

f:id:tkan1111:20201213141511p:plain
f:id:tkan1111:20201213141431p:plain

axに対応していないそれ以外のデバイスの通信速度は変わらなかった。通信距離も以前のモデルと同じ。

新しいルーターに変えて性能の違いを実感できたのはWi-Fi 6に対応したことだけだ。

Wi-Fi 6を体感したいなら

WSR-3200AX4Sに入れ替えて、数日経ったが今のところ安定している。ネットワークが切断することもなく、速度も出ている。

3年前のルーターと比較して基本性能はあまり変わらなかったが、Wi-Fi 6に対応したことでiPhone 12 miniでの通信は高速になった。今後買い換える機器はWi-Fi 6に対応しているだろうから、実感できる機会が増えていくだろう。

Wi-Fi 6対応のルーターとしては、WSR-3200AX4Sは11,800円と価格が手頃でデザインも良く、安定している。新型iPhoneなどのWi-Fi 6対応のデバイスを購入したら、試してみても良いかと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。