ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhoneのスクリーンショットをMacへ転送するショートカット

スクリーンショットを転送

iPhoneで撮影したスクリーンショットをMacに転送するのは結構面倒だ。メールやAir Dropで転送することもできるし、「写真」のマイフォトストリームで共有することもできるけど、「写真」で該当のスクリーンショットを開いてコピーし削除するのは手間だ。

「ショートカット」を使ってもっと簡単にiPhoneのスクリーンショットをMacへ転送する方法をご紹介します。

スクリーンショットをMacへ転送するショートカット作成方法

  1. iPhoneで「ショートカット」を開く
  2. 右上の「+」をタップし、「+アクションを追加」をタップ

    f:id:tkan1111:20201217091839p:plain

    f:id:tkan1111:20201217092007p:plain

  3.  「メディア」→「最新のスクリーンショットを取得」をタップf:id:tkan1111:20201217092615p:plain

  4. 「共有」→「AirDrop」をタップ。ユニバーサルクリップボードを用いるなら「クリップボードにコピー」を選ぶf:id:tkan1111:20201217093057p:plain
  5.  「メディア」→「写真を削除」を選ぶ

    f:id:tkan1111:20201217093745p:plain

  6.  右上の「次へ」を選び、ショートカット名を入力して「完了」。これで完成

ショートカットを実行

ショートカットを実行すると、AirDrop先を選ぶ画面に移る。転送先をタップするとクリップボードを削除するダイアログボックスが表示される。「削除」をタップすれば、ショートカットは「写真」に残らない。

f:id:tkan1111:20201217094517p:plain
f:id:tkan1111:20201217094929p:plain

1枚のショートカットならユニバーサルクリップボードを経由するのもいいし、複数のスクリーンショットを転送したい時はショートカットを編集して「1枚のスクリーンショット」の枚数を変更すれば良い。

f:id:tkan1111:20201217095737p:plain

使用頻度によって、背面タップやApple Watchに設定して簡単に起動できるようにしよう。

 
IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。