小説とIT

「第12回ポプラ社小説新人賞」奨励賞受賞作の「夏のピルグリム」を7月18日に刊行

「第12回ポプラ社小説新人賞」奨励賞受賞作の 「夏のピルグリム」 が7月18日に発売になります。初の単行本形式の小説です。
興味がある方は書店で予約してみてくださいませ。

MENU

iPhoneでWi-Fiをオフにしても再びオンになる時の対処法

Wi-Fiがオフにできない!

外出先などで必要がないWi-FiをiPhoneをつかんだ時に、Wi-Fiをオフにしたくなる。iPhoneのWi-Fiをオフにするのに一番簡単なのはコントロールセンターでWi-Fiアイコンをオフにする方法だ。

ところが、Wi-FiをオフにしてもすぐにWi-Fiがオンになる場合がある。一度Wi-Fiのアイコンが消えるのに、しばらくするとまた元に戻ってしまうのだ。

コントロールセンターで何度オフにしてもWi-Fiがオンになってしまう時の対処法をご紹介します。

コントロールセンターのWi-Fi

コントロールセンターのWi-Fiアイコンは、ちょっとクセがある。オフにすると、Wi-Fi機能がオフになりそうな気がするが、Wi-Fi機能自体がオフになるのではなく、現在接続していたWi-Fiアクセスポイントに接続しないようになる。Wi-Fi機能自体は生きているので、他のアクセスポイントには接続する。つまり、コントロールセンターのWi-Fiアイコンは、Wi-Fi機能をオフにするのではなく、特定のアクセスポイントとの接続をオフにするのだ。

一度、オフにしたWi-Fiアクセスポイントに再び接続する条件が、こちら。

  • コントロールセンターで Wi-Fi をオンにする
  • 「設定」>「Wi-Fi」で Wi-Fi ネットワークに接続する
  • 新しい場所に徒歩や車で移動する
  • 現地時刻の午前 5 時になる
  • デバイスを再起動する

自らオンにしないと、移動したり、時間が経過しないと、一度オフにしたアクセスポイントに接続することはないはずだ。ところが、オフにしたアクセスポイントが自動的にオンになる現象が起きる。

どうやら、この設定が悪さしてWi-Fiがオフにできないことがあるようだ。GPSをつかめない時などの原因で、勝手にオンになってしまうようだ。

どうしてもオフにしたい時

どうしてWi-Fiをオフにしたいなら、コントロールセンターではなく、「設定」から「Wi-Fi」をオフにしよう。

  1. iPhoneで「設定」を開く
  2. 「Wi-Fi」をタップ

  3. 「Wi-Fi」をオフにする。これでWi-Fi機能がオフになる

コントロールセンターと設定は違う

コントロールセンターと「設定」のWi-Fi機能は異なる。コントロールセンターは「現在接続しているアクセスポイント」のオフであり、「設定」はWi-Fi機能全体のオフを意味する。

これを覚えておけば、大丈夫。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。