ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

WWDCの予測記事まとめ。WWDCの正しい見方。Mac Proは登場する?

WWDCの見方

日本時間6月4日午前2時よりキーノート(基調講演)でWWDCが始まる。日本では深夜なので直接見る人は少ないかも知れませんが、WWDCキーノートの見方をおさらいしておきましょう。

f:id:tkan1111:20190603090936p:plain

新しいハードウェアの発表の場ではない

WWDCはAppleが主催する開発者会議だ。なので、新しいハードウェアを発表する場ではない。以前は新製品が大量に発表したこともあるが、今年は直前にMacBook ProとiPod Touchがサイレントローンチしたので、今年の新製品の発表はないと思われる(Mac Pro除く)。

イベント前のサイレントローンチは春に続いて2度目ですっかり定着した感もある。イベントの前にあえて発表するのは、イベントがサービスやソフトウェアが主体だとAppleは言いたいからだろう。春のイベントはサービスだった。今回はもちろんソフトウェアだ。

iPhone、Apple Watchの新機能は隠される

WWDCキーノートでは、OSの新しいバージョンを発表するのが定番だ。WWDCで発表されたOSの新バージョンは、イベント後にベータ版が公開され、秋の新モデルが登場するまでユーザーテストが繰り返される。

ところが、WWDCでは新モデルの売りとなるような新機能は公開されない。iPhone Xの時は目玉だったFace ID、ホームバーはWWDCでは公開されなかった。昨年はApple Watch series 4の目玉だった新しい文字盤「インフォグラフィック」も隠された。

ライバルが真似しないように新モデル直前までハードウェアの特徴を隠すための措置だ。

OSが成熟するまでは、WWDCで発表されるiOS・WatchOSの新機能も目新しかったが、iOSも次がバージョン13、WatchOSもバージョン6になり、大きな不満点・変更点はなくなった。

では、WWDCキーノートでは何を見れば良いかというと、ズバリ「テーマ」だ。テーマから秋の新モデルの機能がどのような方向のものなのか推測することができる。

新しいOSを説明するときにテーマを発表することが多い。例えば昨年のWatchOSでは「健康」がテーマで、ワークアウトの改善などがメインの変更点だった。

秋に発表されたApple Watch series 4の目玉は「心電図機能」で、WWDCのテーマと合致する。

WWDCのプレゼンのテーマから秋の新モデルを想像するのは、楽しいWWDCの見方だ(と思う)。

Mac Proは登場する?

リークされている情報を見る限り、OSの大規模な変更点はなさそうだ。いくらソフトウェア主体と言っても”花”が欲しい。開発者が集うWWDCはMac Proを発表するのにふさわしい場だ。Mac Proだけではなく、Apple謹製のモニタも発表するかも知れない。

最近のAppleはユーザーの希望に合わせた大量のハードウェアを発表している。モニタの発売も十分にあり得る話だ。

iOSの注目ポイント

watchOSの注目ポイント

macOSの注目ポイント

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。