ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Macbook Proサイレントローンチからわかる2つのこと。ソフトウェア中心のWWDCとAppleの本気

2019年版Macbook Pro

Appleが2019年版最新Macbook Proを発表した。15インチMacbook Proには8コアのCore i9プロセッサを搭載し、13インチモデルはプロセッサのクロック数がアップした。価格は据え置きで、典型的なマイナーチェンジだ。

それでも、興味深い点が2つあるので、記します。

f:id:tkan1111:20190522084458p:plain

 WWDCはソフトウェアのみの発表(Mac Proを除く)

AirPods、iPad Airと今年の最新ハードウェアモデルはすべてサイレントローンチだった。今回のMacBook Proもサイレントローンチ。

大方の新型ハードウェアの発表が終わったので、6月のWWDCでは通年どおり最新4大OSの発表を中心としたソフトウェアの紹介に終始するだろう。

ハードウェアの発表があるとすれば、Mac Proに違いない。Mac Proは例のゴミ箱型から長い間アップデートされていない。クックCEOはMac Proのアップデートを予告している。開発者が集うWWDCはMac Proの発表には最適の場だ。

f:id:tkan1111:20190522084531p:plain

Appleの本気

新型MacBook Proはバタフライキーボードが改良されているという。

詳細はまだ不明だが、キーボード内部の材質を変更し、埃やゴミの侵入にも強くなったそうだ。

現行のバタフライキーボードは少しの埃が入っただけでキーボードが誤動作を起こす。Appleも不具合を認め。2017年までのモデルは無償修理の対象となっていた。

筆者の2017年モデルも一度修理してもらった。それ以降不具合は起きていないが、埃やゴミの侵入には慎重になる。

Appleは2018年モデルではキーボード内部に薄い膜を被せる対策を打ったが、それでも不具合が起きるという報告があがってきている。

Appleは2018年モデルばかりではなく、今回発売の2019年モデルも無償修理の対象とした。最新モデルを無償修理対象とするのは異例の措置だ。

f:id:tkan1111:20190522084124p:plain

今年のモデルを無償修理の対象とし、さらに新たな対策を施したことから、ユーザーの不満は絶対に解消するというAppleの覚悟が見える。

これはクックCEOになってから、Appleが大きく変わった点だ。iPad miniやMac miniなど今まで放置されていたモデルもきちんとアップデートして、不具合も徹底的に解消する。クックCEOの意向が反映されているように思える。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。