ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

「iOS 14.5 Public Beta 6」 配信。iOS 14.5正式版は4/14? PB6の配信は一年振り

iOS 14.5 パブリックベータ6配信

マスク姿でもFace IDが機能することで注目のiOS 14.5のパブリックベータ版6(以下、PB6)が 4月1日に配信された。

小数点以下のマイナーアップデートでPB6までリリースされるのはかなり異例。しかも、報道によるとSiriの音声名称変更やバッテリー調整機能などの新しい機能が追加されているらしい。

iOS 14.5 PB6の配信から、iOS 14.5の正式版のリリース日を予想したいと思います。

f:id:tkan1111:20210326112202p:plain

iOS 14.5正式版は4/15?

異例のPB6の配信だが、一週間毎に新バージョンをリリースするサイクルは変わっていない。PB7がリリースされなければ、一週間後にGM版、正式版はそのまた一週間後である4月15日のリリースだと予想できる。

PB1 2021/02/04

PB2 2021/02/18

PB3 2021/03/04

PB4 2021/03/15

PB5 2021/03/24

PB6 2021/04/01 

GM 2021/04/08?

正式版 2021/04/15?

どうしてPB6まで配信されたのか

小数点以下のマイナーバージョンアップで、PB6まで配信されたのは珍しい。PB6までバージョンを重ねたのはiOS 14.Xでは始めてで、一年前のiOS 13.4以来。メジャーバージョンアップの合間に毎年一回は中規模バージョンアップを実施していて、今年はiOS 14.5が該当している。

iOS 14.5にはマスク姿でのアンロック以外にもAirTagsへの対応、今回は明らかになったバッテリー調節機能など、数多くの機能が含まれていると言われている。

もうひとつは、以前から言われている春イベントとの関連だ。例年3月に行われることが多い新製品発表イベントが4月になっても開催告知がない。

イベント自体が存在しないのか、もともと4月に予定されていたのか、iOS 14.5の検証が遅れているからイベントも遅延しているのかは不明だが、新製品であるAirTagsを発売するためには対応するOSが必要なのは事実だろう。

いつまでベータ版のリリースが続くかわからないが、マスク姿でのアンロックはとても便利なので、気になる人はベータ版を導入してみても良いかもしれません(ベータ版は正常動作を保証していないので自己責任で)。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。