ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

【iOS 14】iPhoneでYoutube、Amazon Prime Videを"ながら観"する方法【ピクチャ・イン・ピクチャ】

iOS 14正式版リリース

予告通りiOS 14がリリースされた。

ウィジェットのホーム画面配置など多くの新しい機能が搭載された。中でも、すぐに使えて便利なのがピクチャ・イン・ピクチャ機能だ。iPadやMacにはすでに搭載されていた機能で、他の作業をしながら動画を鑑賞できる機能だ。

やり方にコツがあるのでご紹介します。

[:contents]

f:id:tkan1111:20200917121416p:plain

Face TimeやApple TVなどApple標準アプリ

Apple標準アプリの場合は簡単。画面をタップして、上部に表示される「ピクチャ・イン・ピクチャ」のアイコンをタップするだけ。

f:id:tkan1111:20200917121720p:plain

Youtube

Youtubeなど専用アプリが「ピクチャ・イン・ピクチャ」に対応していない場合は、ちょっと面倒。専用アプリを立ち上げずにSafari上(Google Chromeでも可)で動画を開くのがポイント。

  1. Safari(Google Chromeでも可)を開く
  2. アドレスバーに「YouTube」と入力してEnterf:id:tkan1111:20200917122104p:plain

  3. 検索結果が表示されたら、「YouTube」を長押しして、「開く」をタップ。この時に普通にタップしたり、「”YouTube”で開く」をタップすると、YouTubeの専用アプリが起動して、ピクチャ・イン・ピクチャはできない

    f:id:tkan1111:20200917122358p:plain

  4.  Safari上でYouTubeの画面が開いたら、鑑賞する動画を選ぶ

  5. 動画の右下にある「最大化」をタップ

    f:id:tkan1111:20200917122542p:plain

  6.  画面をタップ(再生していなくてもOK)

  7. 画面上部に表示される「ピクチャ・イン・ピクチャ」のアイコンをタップするf:id:tkan1111:20200917121720p:plain
  8. 元のSafariのページを閉じると、「ピクチャ・イン・ピクチャ」の動画も閉じるので注意
  9. それ以外でもブラウザ上で起動できる動画配信サービスであれば、同様の方法で「ピクチャ・イン・ピクチャ」が使える

Amazon Prime Video

Amazon Prime Videoは現時点(2020/09/17現在)で「ピクチャ・イン・ピクチャ」に対応する数少ないアプリだ(Netflixも対応済み)。

  1. 「Prime Video」アプリを開く
  2. 観たい動画を再生
  3. ホームバーを上に弾く。Safariのように画面をタップしても「ピクチャ・イン・ピクチャ」のアイコンは表示されないので注意)

「ピクチャ・イン・ピクチャ」の使い方

  • 右上のアイコンをタップすると「元の画面に戻る」
    f:id:tkan1111:20200917123659p:plain
  • 「X」マークは「動画を閉じる」
  • 動画をスワイプすると、動画の場所が画面の四隅に移動する(他の場所には移動できない)
  • 動画を画面端までスワイプすると、下のようなアイコンに変わる。動画は観えなくても音声は継続する

    f:id:tkan1111:20200917124254p:plain

対応アプリが増えることに期待

まだ多くのアプリが対応していないが、ブラウザで鑑賞できる動画なら「ピクチャ・イン・ピクチャ」を利用できる。逆に、ABEMAのようにアプリでしか鑑賞できない動画サービスでは「ピクチャ・イン・ピクチャ」が利用できない。

今後は「Prime Video」のようにアプリ側が対応してくれることを期待します。

 
IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。