ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Appleの新製品予測をたっぷり

Appleの新製品情報がたっぷり

Appleについての的確な予測情報を流すことでおなじみのアナリストMing-Chi Kuoが、Appleの新製品予測を公開しました。

過去の記事と重複する点も多いですが、まとめておきます。

iPhone

f:id:tkan1111:20180712150326p:plain

今年も3モデル。

  • iPhone X後継 (5.8インチOLEDモデル)
  • iPhone X Plus (6.5インチOLEDモデル)
  • iPhone 8後継 (6.1インチ液晶モデル)

下の記事で言及したように、iPhone X後継を値下げして、メインストリームのモデルに据えると思われる。押されて iPhone 8後継も値下げし、押し出されたiPhone SEが販売停止になりそう。iPhone SE2製造停止の噂も出ているし。

www.kantakayama.com

 iPad Pro

f:id:tkan1111:20180712150435p:plain

iPhone Xに似たデザインでFace ID採用。11インチと12.9インチモデル。現行モデルは10.5インチと12.9インチ。ベゼルが薄くなり、ノッチデザインになれば、10.5インチが11インチぐらいになりそう。12.9インチ液晶に変更が無いのは、液晶を大きくするのではなく、大きすぎる本体の幅を狭めたからだろう。あれ以上大きな画面が必要な人は少ないと思われ。

Apple Watch

f:id:tkan1111:20180712150510p:plain

39.9mmと45.2mmの大画面化した2モデル。現行よりも約15%画面が大きくなっている。Apple Watch本体が大型化するのか、ベゼルが細くなるのかは不明。

これも以前言及したように十分ありえる。走りながら数値を確かめるために大画面化は歓迎されるだろう。心拍数計測機能の強化も言及されているが、バッテリー増量や物理ボタンの廃止はどうなったのだろう。

Mac

f:id:tkan1111:20180712150552p:plain

<追記 2018/07/13>

7月12日夜に突然MacBook Proがアップデートされました。

Apple、MacBook Proをアップデート - Apple (日本)

 

MacBook、MacBook Pro、iMac、Mac miniのCPUなど基本性能をアップグレード。驚くのはMac miniのアップデート。AppleはMac miniをすでに見捨てたと考えられていたのに。ノートPC全盛の時代に格安デスクトップPCが売れる余地があるのか。あるとすれば今回の予測記事の対象外になっているApple TVの機能を付与したホームサーバ的製品だが、Apple TVのtvOSはiOS系、Mac miniには搭載できない。Mac miniだけ存在が謎である。

MacBook Airに変わる廉価版MacBookも存在するそうだ。太くてたくましいベゼルなど現代のノートPCとしてはデザインがあまりに古くなったMacBook Airはモデルチェンジの時期をとうに過ぎている。現行12インチMacBookがカバーするのかもしれないが、可能性は高い。

周辺機器

f:id:tkan1111:20180712150641p:plain

AirPowerと次期AirPodsを用意。9月のイベントで発表か。こちらも可能性高し。

妥当な予測

過去に噂になった情報が多く、マーケティング的にも妥当な新製品が多い。怪しいのはMac miniか。例年どおり9月のイベントでiPhoneとApple Watchの新型はお披露目となるだろう。

形状が変わらないならMacはサイレントローンチでもよいが、iPadの発表はどうなるか。2016年と同様に10月末にイベントを開くのが妥当と思われる。あのときはTouch Bar搭載の新型MacBook Proが発表された。今回はFace ID搭載の新しいiPad(iPad Pro)を発表してもおかしくない。ホリデーシーズン前だし。

www.kantakayama.com