ITと小説

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

MacBook AirがMacbookに? Appleの命名規則の現状を考える

MacBook AirがMacbookに?

Macbook Airが来年Macbookと改名してモデルチェンジするという報道があった。2019年に販売終了になって以降、Macbookという最もスタンダードな名称のノートPCは存在せず、Macbook Airは事実上、標準機のポジョションにあったので、Airが外れるのは妥当な判断だと思う。

最近のAppleの命名規則がどうなっているか考えてみます。

f:id:tkan1111:20211213103923p:plain

重用される「Pro」意味合いが変わった「Air」

「MacBook Pro」「iPad Pro」「iPhone 13 Pro」と、最近のAppleは「Pro」にご執心だ。iPad AirがiPad Proの性能を上回ったり、Macbook ProとMacbook Airの性能が似たりよたったりだった時期もあったが、現在はiPad ProにM1、MacBook ProにはM1 PROとM1 MAXが搭載され、「Pro=最高性能モデル」のシンボルになっており、意味づけは非常に明快だ。

Proモデルといえば「AirPods Pro」もある。ノイズキャンセリング機能付きのAirPods Proは最強のモデルであることに異論はない。

一方で、「Air」の意味は曖昧だ。Apple製品で最初にAirが使われたのは「MacBook Air」でジョブズが封筒から取り出したくさび形のノートPCは印象的だった。そのときのAirは薄くて空気のように軽いという意味で使われていたが、現在のAirは「軽量」という感じがあまりしない。

10インチ前後のiPadの中でiPad Airは最も軽量だが、iPadの重量はiPad Proとほとんど変わらず、厚さではiPad Proの方が薄い。

f:id:tkan1111:20211213094915p:plain

現行Macbook Airは2020年発売で、現在も併売している13インチMacbook Proよりも軽いが、最も厚い部分ではMacbook Airよりも薄い。「Air」だから軽さに特化したモデルというようには現状なっていない。

f:id:tkan1111:20211213095202p:plain

「Max」の意味

最近のApple製品で目立つのは、「Max」だ。「iPhone 13 Pro Max」「AirPods Max」に続いて最高性能のAppleチップは「M1 Max」だ。

「M1 Max」の「Max」は「M1 Pro」以上の最高性能を意味している。AirPods Maxは確かに最高性能ではあるが、サイズも大きい。

「iPhone 13 Pro Max」の性能はディスプレイサイズ以外「iPhone 13 Pro」と変わらない。iPhone 13 Pro Maxの「Max」は、「iPhone 13 Pro」の「マックスサイズ」という意味だ。

M1 Maxも増えたコア数に応じてダイサイズも大型化している。「Max」は最高性能というより「最大サイズ」の意味合いが強い。

f:id:tkan1111:20211213095912p:plain

小型の「mini」、廉価版の「SE」

「mini」の意味は明確だ。「iPhone 13 mini」「iPad mini」「Mac mini」で分かる通り、「mini」は小さなサイズを意味している。iPhoneもiPadも性能が「mini」という意味はなく、iPhone 13 miniはiPhone 13との性能差はない。iPad miniは無印iPadよりも価格が高く、miniだから安いというわけではない。

「SE」はSecond Editionの略だという話もあるが、「廉価版」という意味で使われているように思う。iPhone SE、Apple Watch SEのいずれもシリーズの中で最も低価格だ。

f:id:tkan1111:20211213102142p:plain

Airの意味が微妙になった背景

Pro、Max、mini、SEに比べてAirの意味は曖昧だ。現行のAirモデルは他のモデルと比べて、圧倒的に薄くて軽いというわけではない。最近のデバイスの重量とサイズはバッテリーの容量が大きく影響しているからだ。

デバイスを薄くするためにはバッテリー容量を減らすのが手っ取り早いが、バッテリーを減らせば連続駆動時間は短くなる。軽さよりも連続駆動時間を維持する方が求められている。

iPhoneのminiシリーズの売上が芳しくないのも、バッテリー容量の少なさが原因の一つと思われる。

内部スペースの多くをバッテリーが占める現在のデバイスで、「Air」が目立った存在意義を発揮するのは難しいのかもしれない。そういった状況ではMacbook AirがMacbookに変更になるのは妥当だと思われます。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。