ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

今月発表の新型iPad ProはFace ID搭載だがノッチがない⁉

新型iPad Proはノッチなし?

今月のイベントで発表が噂されるiPad ProにはノッチがないとApple関連の情報提供でおなじみの9to5macが明らかにした。

ベゼルは細くなるが、iPhoneのノッチと同程度の幅があるので、ノッチを設ける必要がないそうだ。

引用:9to5mac

タブレットであるiPadは本体を掴むためのベゼルが必要なので、iPhoneのようにベゼルレスにはできない。ノッチについては「デザイン的にありえない」と当初酷評されたが、他ベンダーが追従して、あまり言われなくなった。

ただ、横向きで動画を観る際にノッチは邪魔なので、映画鑑賞することも多いiPadにとって良いデザインだろう。

横向きでも使えるFace ID

iPhoneのFace IDは縦向きのみ認識するが、新型iPad ProのFace IDは横でもひっくり返しても反応するそうだ。Face IDは赤外線ドットを顔面に投射し赤外線カメラで顔を認識する仕組みだ。この赤外線ドットを投射するために向きが決まっていると思っていたが、iPad Proではどうやって実現しているのだろう。

iPhoneのFace IDと同等のハードウェアで横向きが実現できるなら、iOSのアップデートでiPhoneでも対応可能になるかもしれない。

USB-C対応

新型iPad ProはLightningポートを廃止し、USB-Cを搭載する。MacはUSB-Cを搭載している。USB-C搭載することでiPad Proはパーソナルコンピュータにより近づくことになる。

新しいApple Pencil

新型iPad Proと同時に新しいApple Pencilが発表される。新しいApple PencilはAirPodsと同様に近づけるだけでペアリングができる。新型Apple Pencilが既存のiPad Pro、iPadで使用できるかは不明。

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

Apple iPad Pro Appleペンシル/MK0C2J/A

 

マグネットコネクター

iPad Proの背後にあるスマートコネクターが新しいバージョンのスマートキーボードなどの周辺機器と接続する。

従来の横向きではなく、縦向きの位置へスマートコネクターが移動する噂もあるが、iPad Proをパーソナルコンピュータとして活用するなら、ディスプレイは横向きであるべきだ。

スマートコネクターの位置を縦方向へ変更するのはFace IDが縦向きにしか対応していないのが理由だったが、横向きでもFace IDが動作するなら、縦向きに変更する必要はない。

Apple 10.5インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MPTL2J/A

Apple 10.5インチiPad Pro用 スマートキーボード/日本語 JIS/MPTL2J/A

 

新型iPad Proの存在意義

国内タブレットPCの市場は縮小している。そのうちAppleのiPadが約43%を占めていて、タブレット市場の活性化するためにAppleの役割は非常に大きい。

今春にAppleは低価格のiPadを発表し、iPad Pro専用だったApple Pencilにも対応するようになった。安くなったiPadはタブレットの人気を少し回復させたが、無印iPadとiPad Proとの差は減ってしまった。

Face IDとフルディスプレイはiPad Proを差別化する機能として最適だ。iPhoneに導入した機能をiPadへ付与するのは、Touch IDなど過去にもあったことだ。

前述したように、USB-C対応や新しいスマートコネクターはiPad Proをコンピューターにより近づける。

Macに代わり、iPad Proがパーソナルコンピュータの役割をゆるやかに担っていくのがAppleの戦略だったが、今のところうまく進んでいない。新しいiPad Proが人気を博し、iPad Proがクリエティブ向けのパーソナルコンピュータとして市場を広げるか注目したい。