ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple Watchの通知の仕組みを解説

Apple Watchの通知

Apple Watchのキモのひとつが「通知」機能。iPhoneを見なくても、メールやメッセンジャーが届いたことがわかる。

f:id:tkan1111:20190218091154p:plain

通知の仕組みをお伝えします。

iPhoneに届く? Apple Watchに届く?

通知はiPhoneかApple Watchのどちらかに届く。どちらに届くかは、こちら。

  • iPhone・・・ロック解除状態
  • Apple Watch・・・iPhoneがロック状態・スリープ状態かつApple Watchがロック解除状態

ざっくり言えば、iPhoneを使っていない時にApple WatchをつけていればApple Watchに通知が届く。iPhoneとApple Watchの通知は連携しているので、Apple Watchで通知を削除すれば、iPhoneの通知も消える。

通知の表示方法

文字盤の上に表示される「赤点」は「通知センター」に未読の「通知」が届いたことを示す。赤点をタップすれば、未読の通知の内容が表示される。

通知センターを見るには、文字盤の上端から下へスワイプする。

f:id:tkan1111:20190218093034p:plain

通知センターには、未読の通知一覧が表示される。

f:id:tkan1111:20190218093142p:plain

通知の削除方法

通知の削除方法はいくつかある。

通知を左スワイプ

通知を左スワイプして、「X」をタップすると削除できる。

f:id:tkan1111:20190218093539p:plain

「…」をタップすると通知を管理できる。「目立たない形で配信」にすると「赤点」表示されず「通知センター」に「通知」が直接届くようになる。

 

f:id:tkan1111:20190218093945j:plain

通知を強く押す

「通知」で画面を「強く押す」ことで、通知をすべて削除できる。これが一番速いかな。

f:id:tkan1111:20190218093811p:plain

下へスワイプ

「通知」をタップして詳細を表示したあとは、下へスワイプで削除できる。

f:id:tkan1111:20190218094905p:plain

通知の管理

iPhoneのアプリ「Watch」から通知を管理できる。

  1. 「マイウォッチ」タブ→「通知」をタップ
f:id:tkan1111:20190218095228j:plain
f:id:tkan1111:20190218095310p:plain

通知インジケータ・・・文字盤上部の「赤い点」を表示

通知のプライバシー・・・「オフ」にしていると「赤い点」をタップした時に「通知の詳細」が表示される。「オン」の場合は、通知センターの通知をタップした時に「通知の詳細」が表示される。

アプリごとの通知管理

アプリごとに通知の設定を行える。Apple標準アプリは、他のアプリと異なり、アプリごとに詳細な設定が行える。

 

f:id:tkan1111:20190218095928j:plain
f:id:tkan1111:20190218095933j:plain

通知以外の上部アイコン

通知以外にも上部にアイコンが表示される。「再生中」「ワークアウト」をタップすると、それぞれのアプリ画面が開く。

f:id:tkan1111:20190218100758p:plain
f:id:tkan1111:20190218100835p:plain
f:id:tkan1111:20190218100858p:plain
左から「再生中」「ワークアウト中」「ロック状態」

通知を制するものがApple Watchを制す

Apple Watchを使って最初に便利だと思える「通知」。通知を上手に活用することで、Apple Watchをより活用できる。