小説とIT

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

iPhoneがApple Watchを呑み込む【iOS 16】

iOS 16登場

WWDC22の基調講演でiPhone用OS「iOS 16」が発表された。iOS 16の一番の特徴はロック画面の刷新だ。今まで写真と通知しか表示できなかったロック画面に、iOS 16ではレイアウトのカスタマイズ、ウィジェットの追加、歩数などのライブアクティビティの表示などができるようになる。

Apple自身が言及しているように新しいロック画面はApple Watchの文字盤からインスパイアされたそうだ。たしかに様々な情報を表示してくれるロック画面はApple Watchの文字盤を想起させる。

iOS 16のロック画面はApple Watchにもできない時間毎に複数のロック画面を変更することもできる。Apple Watchでは実現できなかったのは、バッテリー容量が心もとないからだろう。

Apple Watchの機能を取り込むiOS 16

iOS 16はApple Watchの機能を取り込んで、さらにその機能を進化させている。

これ以外にもApple Watchから取り込んだ機能がある。それがフィットネスアプリだ。今までもフィットネスアプリはiPhoneにあったが、Apple Watchの数値をiPhoneで表示しているだけだった。iOS 16ではiPhoneでも歩数などの数値をカウントできるようになる、iPhoneのモーションセンサーでも歩数や移動距離をカウントできたのだが、新しいデバイスだったApple Watchを売るためか、iPhoneのフィットネスアプリには非対応だった。

iPhoneにApple Watchの機能を取り込んだのは、Apple Watchが独立したデバイスとして一般化したからだと思われる。

常時点灯が実現する?

この秋に発表される新しいiPhone「iPhone 14」ではディスプレイの常時点灯が実現するといわれている。ロック画面が充実したのも常時点灯機能があるからだと噂されている。

常時点灯はApple Watch series 5ですでに実現されている。もし常時点灯がiPhone 14で実現されるなら、この機能もApple Watchの機能を取り込んだことになる。

孝行息子のApple Watch

Apple WatchはiPhoneとの連携をベースに開発されたデバイスだった。Apple Watchを使うためにはiPhoneが必要で、iPhoneとBluetooth経由で通信することでで情報を更新していた。

その後、セルラー版が登場し、iPhoneがなくてもApple Watch単体でも使うことができるようになった。

Apple Watchは当初ラグジュアリーな腕時計の代替を目指したが、徐々にヘルスケアの機能に注力していくようになった。身につけるデバイスの特徴を活かして、心拍数や血中酸素レベルなどの身体的数値を取得できるように進化していった。

通知や着信の表示などiPhoneのサブディスプレイ扱いだったApple WatchはヘルスケアデバイスとしてiPhoneから独立していった。そのタイミングで、今度はiPhoneがApple Watchの機能を取り込むようになった。

Apple Watchで進化した機能をiPhoneへ還元される。発売から10年が経過して、煮詰まってきたiPhoneを拡張させてくれるヒントを与えてくれたApple Watchは孝行息子みたいだ。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。