ITと小説

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

新型iPhone 14の噂の真偽を考える。ノッチは小さくなる?ProMotionに対応?

新型iPhone 14登場?

日本時間9月8日2時から始まるイベントでおそらく多分きっと新型iPhone 14が発表されると思われる。すでに新しいiPhoneの噂がたくさん出てきているが、毎年当たる噂、当たらない噂がある。

新型iPhone 14の噂の真偽を考えます。

iPhone 14は発表される?

最初の噂は今週iPhone 14が発表されるかどうか。過去10年にわたり9月のイベントで新型iPhoneが発表されているので、新しいiPhoneが発表されるのはまず間違いない。

名称はどうだろう。ここ数年「S」シリーズは発表されていない。iPhone X以降は、iPhone 11、iPhone 12、iPhone 13と毎年ナンバリングが増えてきている。

最近の法則通り、名称も「iPhone 14」だろう。

噂の信憑度:100%

iPhone 14 miniは発売されない?

iPhone 12に登場したminiだが、iPhone 14にはminiがないと噂されている。さまざまな理由が考えられるが、もっとも大きな理由は「売れていない」からだ。小さなスマートフォンの需要が少ないアメリカではもちろん、日本でもiPhone 14 miniは売れていない。蓋付きなど重いケースをつけることが増えて、スマートフォンの重さをあまり気にしなくなり、それよりもバッテリーの容量を重要視する人が増えた。

よって、人気がないminiシリーズは消滅することになりそうだ。

噂の信憑度:90%

iPhone 14 Maxが登場する?

iPhone 14 miniがない代わりにiPhone 14 Maxが登場すると噂されている。

大型スマートフォンの需要が大きいのと、Proと標準モデルの性能差が広がり、2つのシリーズを区分する必要が出てきたからだと思われる。

Proはカメラ機能以外にもProMotionなど独自機能が増えてきた。機能が増えたことで高額になり、標準モデルと明確に分けるのは必然性がある。miniがなくなる代わりに標準モデルにも大型ディスプレイが登場するのはあり得そうだ。

名称はどうだろう。iPhone 8まであったPlusモデルが復活するという噂もある。ただ、Plusの復活はないように思われる。

Plusは2017年のiPhone 8以降、5年間登場していない。今更復活させるだろうか。現在のAppleの命名規則にPlusは存在しない。iPad、Macにある命名は、無印、Pro、Air、SE、miniだ。

また、Plusは名称の通り新たな機能を付与することを意味していた。iPhone 8 Plusはディスプレイサイズが異なるだけではなく、望遠カメラを内蔵していた。

Proモデルがある現在、新機能を付与したPlsuモデルを用意する必然性は低い。

噂の信憑度:80%(Plusモデルの存在は10%)

常時点灯ディスプレイ

表示内容を常に確認できる常時点灯ディスプレイが搭載されると噂されている。新しいiOS 16はロック画面の拡張機能が付与されるので、常時点灯ディスプレイ機能があれば、いつでも拡張したロック画面を確認できる。

iOS 16に常時点灯ディスプレイを示すソースコードが発見されたという話もある。OSの新機能とハードウェアの新機能が連動するのはAppleのお家芸だ。

噂の信憑度:80%

iPhone 14 Proだけ最新チップ?

最新チップA16をProシリーズだけに搭載する噂がある。最近のAppleのチップは、以前よりも進化の度合いが小さくなっている。Mac・iPad用のチップMシリーズが登場したこともあるのだろうか。

Apple Watchに搭載されるSシリーズチップは名称が変わっても、ここ2年間性能はほとんど変わっていない。

微細化する5nmプロセスでの製造が始まっているという噂がある。ただ製造できる量は多くないので、Proだけに最新チップを搭載するということは考えられる。

ただ、過去にはそういった事例はないし、そうなると、標準モデルだけ昨年と同じチップを搭載すれば買い替え需要が減る。Apple Watchと同様に、たとえ同じ性能でも名称だけは変更するのでは?

噂の信憑度:40%

4800万画素カメラ?

最新のiPhoneのカメラは、1200万画素から4800万画素に画素数がアップする噂がある。iPhoneのカメラセンサーの画素数は長らく増えていない。ソニーとチップを共同開発している噂もある。4800万画素に進化すれば、8Kの動画も撮影できるようになる。

Proだけかもしれないが、実現する可能性はありそうだ。

噂の信憑度:60%

ノッチが小さくなる?

iPhone 14はノッチが小さくなり、パンチホールになる噂がある。iOS 16では、バッテリー容量を数字で表示できるようになる。過去モデルについては、電池のグラフィック内にバッテリー残量が表示されるが、ちょっと無理やりっぽい。これは新型モデルでは、ノッチが小さくなり、バッテリー残量の数値が表示されるからでは?

噂の信憑度:70%

Touch IDが復活?

指紋認証機能が復活するといわれている。コロナ禍でマスク着用が増えて、Face IDが使いにくくなった。ただ、OS 15.4の新機能でマスク着用してもFace IDが機能するようになったし、アメリカではマスクを着用する人は減った。

今更、コストをかけてまでTouch IDを付与する必然性は低い。

噂の信憑度:20%

USB-C搭載?

Lightningポートを廃止し、USB-Cポートを搭載する噂がある。EUではUSB-Cが標準規格として採用されて、遅くても再来年までにはLightning端子をスマートフォンから廃止しなければならない。

今年ではなく、来年のモデルからUSB-Cが搭載される噂もあるが、今年のモデルからUSB-Cが搭載されると可能性が高いと思う。

おそらく同じイベントで新型AirPods Proが発表される。AirPodsのモデルチェンジサイクルは1年よりも長いので、EUで発売するにはUSB-Cを搭載しないといけない。iPhoneと一緒に使用することが多いAirPods ProだけがUSB-Cでは使い勝手が悪い。

AirPods Proがモデルチェンジしたタイミングで、iPhoneもUSB-C仕様に変わるのでは?

噂の信憑度:60%

Wi-Fi 6Eに対応?

次世代無線規格「Wi-Fi 6E」に対応する噂がある。過去のiPhoneも積極的に新しい無線規格に対応してきた。6GHz帯に対応したWi-Fi 6Eは標準化され、日本の総務省も9月2日に使用を解禁したばかりだ。

日本の市場を占めるiPhoneの新型iPhone 14の登場に合わせて解禁したのかもしれない。

噂の信憑度:70%

ProMotionが全モデルに採用される?

iPhone 13シリーズではProモデルのみProMotionが搭載されたが、iPhone 14全モデルにProMotionが搭載されるらしい。

Proモデルに搭載された機能が標準モデルに敷衍されるケースは過去にもあり、新しいiPhone全モデルにProMotionが搭載する可能性は高いのでは? そもそもProMotion機能はAndroidでは普通の機能で、差別化できる機能ではない。

噂の信憑度:80%

当たるかどうかは

全て噂に基づく話なので、当たるかどうかはわからない。最近の噂はかなり確度が高いので、多くの噂は当たりそうな気もする。水曜日深夜を楽しみに待ちましょう。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。