ITと小説

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

iPhone 14を買うべきではない4つの理由

iPhone 14を買うべきか?

iPhone 14が発表された。すでに予約が始まっていて、買い替えようか悩んでいる人も多いと思う。あえてiPhone 14の欠点を理解することで、後悔しない判断をしたい。

iPhone 14を買うべきではない理由を挙げたいと思います。

変化がないデザイン

2年前のモデルであるiPhone 12との比較だ。カメラの配置とノッチの大きさ以外まったく変化がない。

昨年のiPhone 13との比較はさらに小さく、見分けがつかない。せっかく新しいモデルに買い換えるなら、違うデザインにしたい。

変わらないチップ

毎年チップが進化してきたiPhoneだけど、今年のiPhoneは初めて昨年のチップが搭載されて、新しいチップはProだけになった。半導体不足の影響なのか、Proとの差別化のためなのか。おそらくきっと来年はチップも変わるに違いない。

少ない新機能

今年のiPhoneは例年と比べて新機能が少ない。

主な新機能は、「衝突事故検出」と「カメラ性能」だけだ。センサーが一新されたことで実現した「衝突事故検出」は安心ではあるけど、車に乗らない人には関係がない。

例年と同様にカメラの性能は進化しているが、リアカメラはProと違いセンサーは変わっていない。チップも変わっていないので、根本的な性能は13のままだ。

フロントカメラにオートフォーカスが初めて追加されたのは良いが、それだけで買い替える動機にはなりにくい。

高い

円安の影響で、とにかく価格が高いと感じる。最低価格でも10万円超えの119,800円(税込)。大型ディスプレイ搭載のiPhone 14 Plusだと最低価格は、134,800円(税込)だ。昨年のiPhone 13の発表時の価格は、9万8800円だった。

円安がいつ解消するのかわからないが、わざわざ高い時期に買い換える必要はない。

バッテリー劣化が買い時

あえてiPhone 14を買うべきではない理由を上げてみた。ここ数年のiPhoneは毎年劇的進化をするわけではなく、一定のレベルを保ってきているので、この年が買い時のモデルというよりは、バッテリーを劣化してきたときが買い時だと思う。

新たな進化を経験したいなら、Proモデルを選ぶのも良い。常時表示ディスプレイにノッチがなくなったDynamic IslandもProだけの機能だ。価格は標準モデルより3万円高いけど。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は高山環(たかやま かん)というペンネームで小説を書いています。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも0円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。