ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新macOS「 Catalina」でiPhoneを同期する方法

新macOS「 Catalina」登場

今年のmacOS「Catalina」の正式版がダウンロード可能になった。2年ぶりのメジャーアップデートで、色々な機能が大幅に変更されている。

中でも、最も大きな変更になったのは、iTunesの廃止だ。iPhoneなどのiOSデバイスの同期、ビデオ映像と音楽の管理と、拡張を続けてきたiTunesは、Music、TV、Podcastに分割された。MusicはiTunesより軽量化されて、使い勝手は悪くない。

そこで気になるのが、iPhoneの同期をどこで行うかだ。

Catalinaで、iOSデバイスの同期をどのように行うのか記します。

f:id:tkan1111:20191009094030p:plain

CatalinaでiOSデバイスを同期する方法

知ってしまえば簡単だが、Finderのサイドバー「場所」に接続しているiOSデバイスが表示される。

「場所」に表示されるデバイス名をクリックすれば、以前のiTunesのようにデバイスの詳細画面が表示され、バックアップの設定の変更や同期が可能になる。

f:id:tkan1111:20191009094326p:plain

iOSデバイスが表示されない時は、MacとiOSデバイスをケーブルで繋ぐ。どうもiPhoneはケーブルで一度繋がないと表示されないようだ。一度ケーブルに繋げば、次からはWi-Fi経由で同期ができる。

全体を俯瞰するFinder

iTunesがMusicに変わって身軽になった一方で、Finderは拡張されてMac内部だけではなく、クラウド越しのiCloud Drive、接続するiOSデバイスも俯瞰してみられるようになった。Mac初心者だとFinderをどのように使うか戸惑うことも多いが、拡張されたFinderの特徴を知って、有効的に使うようにしよう。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。