ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

EvernoteとiPhone純正アプリ「メモ」を比較する

10年使っているEvernote

筆者は10年以上Evernoteを使用している。iPhoneを買った頃、iPhoneとPCで覚え書きや書きかけの小説を共有したのがEvernoteを使い始めたきっかけだ。

当時のiPhone純正アプリ「メモ」の機能は貧弱だったので筆者は使わなかったが、10年の間にメモも大きく進化している。

改めて、Evernoteとメモを比較してみます。

f:id:tkan1111:20181210112713p:plain

Evernoteとメモの比較

すぐに入力

メモアプリで一番大事なのは「さくっとメモを残せること」だと思う。がっつり文章を書くより、日々思いついたこと、忘れてはいけないことを残すのがスマートフォンのメモの使い方になるだろう。

 メモはフォルダ構造になっていて、PCアプリのようだ。メモを残すには、フォルダを選択し、新規作成ボタンを押す必要がある。

Evernoteは、どの画面でも画面下の「+」ボタンを押せば、新規メモが残せる。Evernoteのほうがひと手間少ない。

f:id:tkan1111:20181210094616p:plain
f:id:tkan1111:20181210094658p:plain
f:id:tkan1111:20181210094714p:plain
「メモ」はフォルダを選択してから、メモを新規作成
f:id:tkan1111:20181210094852p:plain
f:id:tkan1111:20181210094932p:plain
f:id:tkan1111:20181210094950p:plain
Evernoteはどの画面でも「+」ボタンを押せばメモを残せる
  • すぐに入力:Evernote

クラウドの同期

各端末で同じ情報を参照できるクラウド同期は、スマートフォンのメモアプリではなくてはならない機能だ。スマートフォンで残したメモをPCで加工したり、スマホとタブレットで情報を共有したりできる。

メモは、iCloud経由で共有できる。さすが純正らしく、iOS、macOSのデバイスには瞬時に同期をとってくれる。余計な手間は一切不要だ。

メモのiCloud設定方法
  • iPhoneの「設定」→「パスワードとアカウント」→「iCloud」→「メモ」をオン
f:id:tkan1111:20181210095803p:plain
f:id:tkan1111:20181210095947p:plain
f:id:tkan1111:20181210095849p:plain

メモが格納されるiCloudのストレージは5GBまでが無料で、それ以上は別料金がかかる。50GBだと月額130円、200GBは月額400円、2TBだと月額1,300円。

メモなら5GBで十分そうだけど、iCloudはメモだけではなく、iPhoneのバックアップや写真、メール、メッセージなど多くのアプリで使われる。iPhoneのバックアップと写真だけで、あっという間に5GBを超えてしまう。

f:id:tkan1111:20181210100707p:plain

それでも写真を大量に格納しないなら50GBで十分だろう。

f:id:tkan1111:20181210100340p:plain

Evernoteのクラウド同期も瞬時に行われる。「Wi-Fi接続時にのみ同期」をオンにするとモバイルデータ通信環境では同期されない。

Evernoteも無料でクラウド同期が可能だが、無料のベーシックプランだといくつかの制限がある。

Evernoteではクラウドで使用できる全体容量が決まっているのではなく、月間のアップロード容量が決まっている。無料のベーシックプランだと60MB、プレミアムだと10GB。

ひとつのノートの上限サイズも違う。ベーシックは25MB、プレミアムは200MB。

クラウド同期の点で、ベーシックとプレミアムの最も大きな違いは、同期できるデバイスの数だ。ベーシックは2デバイスまで、プレミアムだと無制限のデバイスと同期がとれる。Evernoteのプレミアムプランは月額600円。

複数の端末やPCで遣いたい人は有料プランが必須になる。ちなみにWebブラウザからのアクセスは端末の数には含まれない。

iCloudの「メモ」は無料のプランでも無制限のデバイスと同期が取れる。

f:id:tkan1111:20181210101303p:plain

f:id:tkan1111:20181210101425p:plain

金額で比較すると、50GBぐらいで使うならメモのほうが安い。「iCloud」のアプリをインストールして設定すれば、Windowsでも同期がとれる(たまに不安定だけど)。

  • クラウド同期:メモ

Webクリップ

一からメモを作成する他にWebページをクリップして保存することも多いと思う。

メモはiPhoneのSafariからWebページをクリップしようとすると、URLだけがクリップされる。

メモのWebクリップ方法
  1. Safariで画面を開く。画面下の「出力」ボタンをタップ
    f:id:tkan1111:20181210103810p:plain
  2. 「メモに追加」をタップ。表示されないときは一番右端にある「その他」をタップし「メモ」をオン

    f:id:tkan1111:20181210103924p:plain

クリップしたメモ。URLだけ。タップすれば、元のWebページが参照できる。

f:id:tkan1111:20181210104219p:plain

ちなみに、Macで同じ動作をしてクリップすると、ページ全体をクリップしてくれる。

f:id:tkan1111:20181210104313p:plain

Evernoteは、iPhoneからもWebページごとクリップしてくれる。

EvernoteのWebクリップ方法
  1. Safariで画面を開く。画面下の「出力」ボタンをタップ
    f:id:tkan1111:20181210103810p:plain
  2. 「Evernote」をタップ

    f:id:tkan1111:20181210104551p:plain

  3. タイトルとノートブック、タグを変更して、保存
    f:id:tkan1111:20181210104642p:plain

Webページごと保存してくれる。MacのSafariからは拡張機能「Evernote Web Clipper」をインストールして、クリップできる。

f:id:tkan1111:20181210104942p:plain

  • Webクリップ:Evernote

装飾

メモの装飾は、どちらのアプリも豊富。太字や箇条書き、写真の添付などが可能。

メモ

f:id:tkan1111:20181210105627p:plain

左から表、文字フォント、箇条書き、添付、マークアップ。

f:id:tkan1111:20181210105713p:plain
f:id:tkan1111:20181210105719p:plain
f:id:tkan1111:20181210105722p:plain
左から、文字装飾、添付、マークアップ
Evernote

f:id:tkan1111:20181210105819p:plain

左から、添付、カメラ、文字フォント、太字、斜体、下線、箇条書き。

f:id:tkan1111:20181210105829p:plain
f:id:tkan1111:20181210105833p:plain
f:id:tkan1111:20181210105838p:plain
左から、添付、カメラでの撮影、文字装飾
  • 装飾:引き分け

3D Touch

どちらも3D Touchに対応している。最近のノートも参照できる。

f:id:tkan1111:20181210111544p:plain
f:id:tkan1111:20181210111557p:plain
左がメモ、右がEvernote
  • 3D Touch:引き分け

ウィジェット

どちらもウィジェットに対応している。直近のノート(メモ)を表示してくれる。Evernoteは、ウィジェットからノート作成が可能だ。

f:id:tkan1111:20181210111646p:plain
f:id:tkan1111:20181210111644p:plain
左がメモ、右がEvernote。Evernoteはウィジェットからメモできる
  • ウィジェット:Evernote

整理

メモは、フォルダを作成してメモを整理できる。非常にPCライクな構造だが、サブフォルダは作成できない。

Evernoteは、ノートブックというフォルダに似たものにノートをまとめて保存する。それ以外に各ノートにタグを残せる。タグを使えば、ノートブックを横断して整理することも可能で、作業中のノートにタグをつけて、完了したらタグを外すこともできる。サブフォルダみたいにタグを使う方法もある。

  • 整理:Evernote

その他の機能

Evernoteには、頻繁に参照するノートをまとめる「ショートカット」、一定時刻後にノートを表示する「リマインダー」、ノートを残した場所を記録することもできる。

  • その他の機能:Evernote

安定度

Evernoteは新しい機能の取り込みに貪欲で、サードパーティ製ながらApple WatchやSiriショートカットにも対応している。

ただ、筆者の環境だけかもしれないが、アプリが安定しない。アップデートの度にフリーズしたり、検索してもヒットしなくなることがある。

メモはさすが純正アプリ。常に安定している。

  • 安定度:メモ

Evernoteの4勝2敗2引き分け

  • すぐに入力:Evernote
  • クラウド同期:メモ
  • Webクリップ:Evernote
  • 装飾:引き分け
  • 3D Touch:引き分け
  • ウィジェット:Evernote
  • その他の機能:Evernote
  • 安定度:メモ

Evernoteの機能は非常に豊富だ。Webクリップやショートカットなど様々な機能が用意されている。

ネックは料金。Evernoteプレミアムの月間600円をどうみるか。以前はEvernoteプラスというベーシックとプレミアムの中間のプランがあったが、今は契約できないようだ(筆者はずっとプラスプラン)。

メモは純正アプリらしく、非常にシンプル。写真やバックアップにiCloudを使わなければ、当分無料で使える。

Evernoteはがっつり使うなら2つ以上のデバイスで同期がとれるプレミアムプランへの加入は必須になると思う。

まずはメモとEvernoteを無料で使ってみて、自分がどこまでの機能を必要としているか確かめるのがよいと思います。