ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

KindleのKENPCと「本の長さ」の関係を調べてみた

KENPCとは

Amazonの出版サービス「Kindle」は、自分の著作を誰でも販売できる。本が売れれば収入になるし、Amazonでの独占販売を許可する「KDPセレクト」に登録すれば、読み放題サービス「Kindle Unlimited」で読まれたページ数に応じても収入が入る。

アマチュア著作の場合、販売による収入より、Kindle Unlimitedの収入の方が多いのが普通だ。

Kindle Unlimitedの収入は読んだページ数によって決まる。そのページ数をKENP(Kindle Edition Normalized Pagesの略)といい、1KENP=0.5円から0.4円で計算される。

KENPとは、現在KENPC V3.0という計算式で算出される。KENPC V3.0は、標準的な設定 (フォント、行の高さ、行間隔など) に基づいて KENP を計算し、その値を利用して、読者による本の既読ページ数を算出する。

説明を聞いてもよくわからないが、要するに「どんなレイアウトの本でも読んだページ数を平等に計算する式」のようだ。

では、自分の著作がKENP換算で何ページか知りたくなる。

KENPの確認方法をご紹介します。

自著のKENPの確認方法

  1. KDP(Kindle Direct Publishing)をアクセスしてサインイン

    f:id:tkan1111:20210913074614p:plain

  2. 自著の右側にある「...」をクリック

    f:id:tkan1111:20210913075002p:plain

  3.  

    「キャンペーンと広告」をクリック

    f:id:tkan1111:20210913075044p:plain

  4.  

    ページの一番下にKENPC V3.0換算のページ数がわかる

    f:id:tkan1111:20210913075227p:plain

「本の長さ」との関係は?

Amazonで販売している本には「本の長さ」という名称でページ数が表示されている。この「本の長さ」とは、印刷版でも販売されている本はそのページ数が表示される。Kindleでしか販売していない場合は、本の単語数と画像に応じて算出されている。

この「本の長さ」の算出方法は、KENPCとは異なる。例えば、自著「コクーンマンションへようこそ」の場合、KENPC V3.0では401ページ、本の長さは296ページ。KENPC換算よりも本の長さの方が短い。

f:id:tkan1111:20210913075349p:plain

KENCPと本の長さの関係を自著で調べてみた。「KENP / 本の長さ」は、1.3台が2冊、1.59前後が5冊で、二つに分かれている。2冊だけどうして1.3台なのかよくわからない。ひとつあるのは目次をつけたことぐらいか。目次をつけるとページ数が増えるので、その分「KENP / 本の長さ」が下がるのかもしれない。

f:id:tkan1111:20210913080058p:plain

実際に読まれている冊数は少ない

KENPCのページ数より「本の長さ」のページ数は少ない。KENPCを確認して、たくさん読んでもらって嬉しいと思っていると、本当のページ数換算では少ないことになる。

ページ数が多くても少なくても、読んでもらえることがありがたいことに変わりはないのですけど、Kindle作家は知っておくと良いかも。

ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。