ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

無料でMacからWindowsを操作する方法

たまにはWindowsも使いたい

Macをメインに使っていても、たまにWindowsを使いたい時がある。筆者の場合、推敲するときにWindowsの「一太郎」を使う。

MacでWindowsを使用するには、いくつかの方法がある。一番有名なのは、Boot Campを使って、MacにWindowsをインストールする方法だ。

そのためには、Windowsのイメージを用意しないといけないし、セットアップに手間がかかる。Windows PCを既に持っているなら、そちらを使う方が手っ取り早い。

だけど、WindowsとMacの両方のPCを使うには並べる場所が必要だし、キーボードとマウスが2セット必要だ。

MacからWindows PCをリモート操作する方法をご紹介します。

MacでWindowsを操作する

Windowsをリモートで操作するのに、一般的なのは「リモートデスクトップ」だが、こちらはWindows 10 Proでないと使うことはできない。

アプリもいくつかあるが、Mac側にインストールしなくても使えるのが「Chrome リモート デスクトップ」だ。Googleが提供するこちらのサービスを使えば、MacからWindows PCを操作できる。

  1. WindowsとMacを同じGoogleアカウントでログインする
  2. Windows PCで「Chrome リモート デスクトップ」ページにアクセスする。「リモートアクセス」タブの「リモートアクセスの設定」を「オンにする」

    f:id:tkan1111:20210823104235p:plain

  3.  「名前の選択」でパソコンの名前を入力し、「次へ」をクリックf:id:tkan1111:20210823104346p:plain

  4.  「PINの入力」でPINを設定する。PINは数字で6桁以上。設定したら「起動」をクリック。Windiows側の作業はこれで終了f:id:tkan1111:20210823104430p:plain

  5.  MacのSafariで「Chrome リモートデスクトップ」をクリックする。しばらくすると、設定したWindows PCが現れるので、クリックする

    f:id:tkan1111:20210823104853p:plain

  6. 設定した 「PIN」を入力。チェックボックスをクリックすれば、PINが保存されるので、次回からも入力が不要になる。入力したら「→」をクリック

    f:id:tkan1111:20210823103926p:plain

  7. Windowsが起動する。Mac上でWindowsを操作できる。「Command⌘」キーでWindowsのスタートメニューを開くことができるf:id:tkan1111:20210823105306p:plain

お手軽なリモートデスクトップ

同じGoogleアカウントにログインしているブラウザなら、アプリをインストールすることなく、MacでWindowsを操作することができる。お手軽で簡単だと思う。

同じネットワーク内なら速度も申し分ない。

普段はMacだけど、たまにWindowsを使いたい人にはおすすめの運用です。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。