ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Nintendo Switchはどうして好調なのか。ゲーム機がスマホに吸収されなかった理由

売れ続けるNintendo Switch

任天堂が絶好調だ。今期は過去最高の利益を見込んでいる。Nintendo Switch(以下Switch)は販売開始から4年目に入っているが、今でも入手困難で販売台数は伸び続けている。

どうしてSwitchが好調なのか考えてみます。

f:id:tkan1111:20210305091239p:plain

売れないと思ったSwitch

Switch発売前の任天堂はWii Uが絶不調で、3DSがスマホゲームに脅かされている悲惨な状況だった。

筆者はSwithが売れないと予想していた。Wii U失敗の原因は任天堂のソフトしか売れず、ゲームソフトを定期的に供給できなかったことにある。Wii Uで売れたゲームソフトは過去作の続編が多かった。さらにスマホゲームが大流行していて、そのほとんどが無料で楽しめた。その状況で、有料のハード端末を購入して数千円のゲームソフトを購入するユーザーは非常に少ないと考えた。

ところが、筆者の予想に反してSwitchは売れに売れた。

ポータブルと据置の両方をカバー

Switchは、液晶ディスプレイを内蔵してポータブルと据置の両方の形態で遊べるゲーム機だ。今まで任天堂は据え置きとポータブル両方のゲーム機を製造していたが、据置機のWii Uの後継であるSwitchはポータブルゲーム機としても遊べる。スマホゲームが大流行し、テレビ受像器を持つ人が減ってきている中、ポータブルと据置ゲーム機の市場は縮小するのを見越して、両方の市場をカバーするSwitchを任天堂は開発したのだ。結果、Switchは両方の市場のニーズを取り込んで、大成功した。

ポータブルと据置の2つのハードウェアを1つにまとめるということは単純に自社のハードウェアの売上が半減する可能性もあったのだが、大胆な戦略は見事としか言えない。Switchが好調なので、3DSの後継機はおそらく発売されないだろう。

重要だったインターフェイス

現行のスマホはSwitchの性能を凌駕している。やろうと思えば、Switchのゲームをスマホに移植することも可能だ。スマホでゲームが遊べればハードを買わなくても良く、スマホ所有者イコールユーザー数になる。

DVDやCDなど数多くのメディアがスマホに吸収されたようにゲームもスマホに吸収されると大方が予想していたが、Switchはそうはならなかった。スマホゲームは無料で単純なゲームだけが流行り、複雑で長大なゲームはSwitchなどの専用ゲーム機で遊ぶときっちり棲み分けができている。

他のメディアとゲームが違ったのは、インターフェイスだ。スマホにはボタンがないので、画面上に表示されるバーチャルのジョイスティックとボタンで操作する。バーチャルキーボードには慣れても、微妙な操作を素早く行うことが必要なゲームの操作はバーチャルボタンでは非常に難しい。外付けジョイスティックをスマホに装着すればSwitchに近いインターフェイスが得られるのだが、それは結局別のハードウェアを買わないといけない事になる。

「本格的なゲームはゲーム機で遊ぶ」という潮流はスマホでも変える事ができなかった。

強力な任天堂ブランド

WiiとWii Uの失落はゲーム供給が滞った事が大きな原因だった。同じ轍を踏まないために、任天堂はSwitchへのゲームソフト開発を綿密に計画しゲームソフトの供給が途切れないようにした。

今まで任天堂のゲームしか売れないという課題があったが、任天堂が出した解は「自社制作のゲームを増やすこと」だった。任天堂の自社ソフトの売上比率は80%を超えている。ミリオンセラーソフトのほとんどが任天堂製だ。任天堂は関係が深いゲームソフト制作会社を買収して、自社グループのゲーム開発能力を高める施策も取ってきた。

任天堂は本格的なゲームを自社ゲーム機しか供給せず、スマホには単純なゲームしか供給していない。マリオやゼルダでガッツリ遊ぶには任天堂のゲーム機を買うしかないのだ。

 コロナ禍以前に成功していたSwitch

コロナ禍による巣ごもり消費でSwitchが爆発的に売れたのは事実だが、Switchはコロナが発生する前から売れていた。Wii Uの反省を踏まえて、任天堂はSwitchゲーム機とSwitchへのソフト供給を計画して、見事に成功を収めた。Switchは販売開始から4年が経過しても、まだ品切れ状態が続いている。

今後、任天堂の脅威となるのはなんだろう。GoogleやAppleが開始したクラウドゲームは任天堂ゲーム機を脅かすと思われたが、現在のところクラウドゲームは主流になっていない。スマホでは無料ゲームが主流なので、クラウドゲームにお金を払うユーザーが少ないと思われる。
スマホは基本無料時々課金とユーザーに見せる広告からの収入がビジネスモデルだ。本格的に遊ぶならゲーム機という棲み分けは容易に崩れそうになく見える。
任天堂を脅かすのはスマホゲームではなく、他の遊びかもしれない。現代は少ない余暇時間をスマホゲームやサブスク、SNSなど多くの遊びで取り合っている。経済状況が悪化し余暇時間が減少すると、有料のゲーム機ビジネスは苦境に立たされるかもしれない。ゲーム機で遊ぶにはゲーム機本体とゲームを購入し、Nintendo Switch Onlineのために月額300円を支払わないといけない。どんなに魅力的でも初期投資をかける経済力がなければ、無料のゲームに流れれてしまう。
IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。