ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

睡眠モードでアプリを起動する方法

iPhoneの睡眠モード

iPhoneには「睡眠モード」がある。睡眠モードは、睡眠スケジュールを設定して就寝時間・起床時間を管理し、日々の睡眠時間を記録することができる。

睡眠モードに入ると、ロック画面が簡素化され、通知などが制限される「おやすみモード」がオンになる。こうなると、画面下部の「閉じる」をタップしてからじゃないとアンロックできなくなるので、寝る直前にアプリを起動したい時は少々面倒だ。

睡眠モードからアプリを起動する方法をご紹介します。

f:id:tkan1111:20210726094551p:plain

睡眠モードにアプリを起動する方法

睡眠モードにはショートカットを設定することができる。電気を消すショートカットを設定して、寝る前にタップするためにあるが、どんなショートカットでも設定できるので、睡眠モードからでもアプリを起動することができる。

  1. iPhoneで「ショートカット」を開く
  2. 作成してあるショートカット右上のをタップする 
    f:id:tkan1111:20210726103526p:plain

  3. 右上のをタップする 
    f:id:tkan1111:20210726105022p:plain

  4.  「睡眠モード」をオンにする

    f:id:tkan1111:20210726105444p:plain

  5. 「睡眠モード」のロック画面の「ショートカット」をタップして、実行したいショートカットをタップする

寝る前にメールやTwitterの確認も

ショートカットが作れるアクションなら、なんでも設定できる。寝る前にメールやTwitterのDMを確認したい人もショートカットからアプリを起動できるし、「寝る前のアクション」を全部まとめることもできる。

ぜひお試しください。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。