ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

充電しながら音楽が聴ける「iPhoneイヤホン変換アダプター」購入レポート

充電しながら音楽が聴けない

iPhone 7以降のiPhoneはオーディオジャックが廃止されたので、有線ポートはLightningポートひとつしかない。オーディオジャックの代わりにiPhone同梱のイヤホン「EarPods」はLightningポート対応に変わったけど、iPhone本体のポートが1つしかないので充電しながら音楽を聴くことができない。

AirPodsなどのワイヤレスイヤホンを使えば問題ないが、寝ながら音楽を聴く時はワイヤレスイヤホンだとなくしてしまいそうなので有線の方がいい。そうすると充電ができないけど、寝ている間に充電もしたい。

というわけで調べてみたら、Lightningを二股にできるアダプターが存在した。購入して試してみました。

イヤホン変換アダプタ

購入したのは、こちら。価格は今日(2020/06/18)現在699円(Amazon調べ)。

箱の中身はこちら。箱には無造作にバーコードシールが貼ってある。

f:id:tkan1111:20200618093558p:plain

全体の長さは約10cm、ケーブルの長さはLightningの先端まで約7cm。重さは約6g。

f:id:tkan1111:20200618094034p:plain

コネクタ部分にはLightningポートが2つ並ぶ。オーディオジャックとLightningポートのアダプターも別に販売しているので、持っているイヤホンによってアダプターの種類を選ぼう。

f:id:tkan1111:20200618094117p:plain

アダプターの長さは約10cmなので、iPhoneからぶら下げて使用することになる。重さは約6gなので、ぶら下げても使用しても苦にならない。

充電しながら有線イヤホンを使用するためのアダプターなので機能はこれだけ。2本のケーブルを挿して両方が機能すれば、それでOK。試してみると全く問題なく動作する。充電しながら音楽が聴ける。Lightningポートの間に隙間があるので、太いケーブルを2本挿しても干渉しない。

実はこのアダプターを購入する前に別のアダプターを試してみたけど、動作しなかった。中国から直接発送される300円のアダプターだった。多少高くても(このアダプターは699円)、評判が良い物を選んだ方が良いと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。