ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhone 11とiPhone 11 Proを比較。10の違いを解説

iPhone 11とiPhone 11 Proシリーズ

今年のiPhoneは昨年同様に2ラインナップだが、iPhone 11を標準モデルとし、iPhone 11 Proが名前の通りプロ仕様と位置づけられた。

2つのモデルの違いを見て、Appleの意図を考察してみます。

f:id:tkan1111:20190915092836p:plain

ディスプレイ

f:id:tkan1111:20190915092943p:plain

両モデルのもっとも大きな違いのひとつがディスプレイだ。

iPhone 11は液晶で6.1インチ、iPhone 11 ProはOLED5.8インチ。iPhone 11 Proは、Super Retina XDRディスプレイと呼ばれる新しいディスプレイで、太陽光の下でくっきりと再現できるらしい。

解像度・コントラスト・輝度ともiPhone 11 Proのほうが上だ。ディスプレイの大きさはiPhone 11の方が大きいが、体感的にはそれほど大きな差はない。

f:id:tkan1111:20190915105436p:plain

OLEDディスプレイ搭載のiPhone X・iPhone XSのユーザーの中には、液晶へ買い換えるのに抵抗がある人も多いだろう。

2モデルを比較しないと違いがわからないので、価格差を考えたらiPhone 11を選ぶのも現実的な選択だと思う。

f:id:tkan1111:20190915094418p:plain

デザイン

f:id:tkan1111:20190915094129p:plain

iPhone 11のフレームはアルミニウムだが、iPhone 11 Proはステンレススチール。iPhone 11 Proは、iPhone XSと異なりつや消しに変わった。

背面はiPhone 11が光沢のあるガラスで、iPhone 11 Proはすりガラスみたいな材質だ。見た目は異なるが、ガラスの素材は一緒。どちらのモデルも、かなり割れづらいガラスに変わっているそうだ。

f:id:tkan1111:20190915094448p:plain

カメラ

f:id:tkan1111:20190915094556p:plain

見た目でわかるとおり、カメラの数が異なる。iPhone 11 Proは望遠レンズを搭載している。その他の2つのカメラの機能は一緒。

iPhone 11 Proはプロレベルのポートレート機能が使えて、ズームインして遠くにある被写体の撮影もできる。

間違いやすいのは、iPhone X・iPhone XSの2レンズは広角と望遠の組み合わせだったので、iPhone 11の2レンズとは性格が異なる。iPhone X・iPhone XSからiPhone 11に買い換えると、2倍の光学ズームがなくなることになる。

f:id:tkan1111:20190915094859p:plain

バッテリー駆動時間

f:id:tkan1111:20190915100926p:plain

バッテリー駆動時間が異なる。iPhone 11 ProはiPhone XSより大幅に伸びて、最大18時間のビデオ再生ができるようになった。最大17時間のiPhone 11よりもバッテリーが長く保つようになった。

f:id:tkan1111:20190915110029p:plain

新しいチップ「A13 Bionic」の効果でバッテリー駆動時間が延びたと言われるが、iPhone 11はそんなに延びていない。

iPhone 11 ProはiPhone 11よりは14g重いので、バッテリーが増量されたと思われる。分解レポートがでてこないとわからないが、3D Touchが廃止されたスペースをバッテリーで埋めたのかもしれない。

防水性能

f:id:tkan1111:20190915101730p:plain

防水性能はiPhone 11 Proが高く、深い水中に耐えることができる。一般の人にはまったく関係ないだろうが。差が出る理由は、よくわからない。iPhone XRは1m、iPhone XSは2mだったので、それぞれ2倍になった。アルミニウムとステンレススチールの違いが影響しているのか。

容量

f:id:tkan1111:20190915102155p:plain

iPhone 11は128GB が選べて、iPhone 11 Proは512GBが選べる。個人的には128GBがちょうどよく、256GBは多すぎる。ストリーミングサービス全盛なので、デバイスに多くのコンテンツを保存する必要がなくなったからだ。

iPhone 11 Proにも128GBの設定がほしいところ。

サイズ

f:id:tkan1111:20190915102442p:plainiPhone 11はiPhone 11 Proより一回り大きい。幅は4.3mm異なり、iPhone 11は片手で使うのはかなりきつい。片手操作を好む人はiPhone 11 Proの方が良い。

iPhone 11 ProはiPhone XSより厚く重くなり、iPhone 11とiPhone 11 Proの差は縮まった。バッテリー容量が増えた影響だと思われる。

電源アダプタ

f:id:tkan1111:20190915103738p:plain

iPhone 11 Proには、iPhone史上初のUSB-C - Lightningケーブルと18W USB-C電源アダプタが付属する。iPhone 11は今まで通りのケーブルとアダプタが付属する。

iPad Proと同様に、iPad 11 ProはUSB-Cコネクタになると思われたが、iPhone本体はLightningのまま。高速充電ができるようにケーブルとアダプタだけがUSB-C仕様になった。

このケーブルと電源アダプタを使うと、30分で50%充電できる。

カラバリ

f:id:tkan1111:20190915104430p:plain

iPhone 11は6色展開、iPhone 11 Proは4色から選べる。

iPhone XRからiPhone 11は2色が入れ替わり、iPhone 11 Proはミッドナイトグリーンが追加された。

iPhoneの「標準モデル」が3色以上のカラーが用意されたのも、上位版が4色展開になったの初めてのことだ。

価格

f:id:tkan1111:20190915110551p:plain

価格はiPhone 11の方が32,000円安い。30%の価格差はかなり大きく、iPhone 11はiPhone XRより値下げされている。

この差は64GBの価格差だ。64GBで足りない人は、その上の容量のモデルを選ぶ必要があるが、iPhone 11は128GBで79,800円が選べるが、iPhone 11 Proは256GBしか選べない。128GBのiPhone 11と256GBのiPhone 11 Proの価格差は43,000円と広がる。

  • iPhone 11の価格表f:id:tkan1111:20190915110834p:plain
  • iPhone 11 Proの価格表
    f:id:tkan1111:20190915111018p:plain

10の違い

iPhone 11とiPhone 11 Proの違う点は10つ。一番大きな違いは、カメラとディスプレイだろう。写真撮影の機会がどれだけあるか、液晶ディスプレイを許容できるかによって、決めて良いと思う。

容量が64GBで不足だと、iPhone 11とiPhone 11 Proの価格差は43,000円とかなり大きい。一般の人はiPhone 11を選んでも困ることないだろう。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。