ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

iPhoneのライトを点灯する5つの方法。Siriに点灯させるコツ

案外使えるフラッシュライト

iPhoneの背面カメラにあるフラッシュライトは、ちょっとしたライトとして十分使える。

夜間に明かりが欲しい時などは重宝する。

フラッシュライトを点灯させる方法はいくつかあるので、記します。

 ロック画面から

ロック画面の左下にあるフラッシュライトのアイコンを長く押す。光量の調整はできない。

f:id:tkan1111:20191117090343j:plain

f:id:tkan1111:20191117090404p:plain

コントロールセンターから

iPhone X以降なら、画面の右上端から下にスワイプすると現れるコントロールセンターにあるフラッシュライトのアイコンから点灯できる。

長く押して、そのまま上下にスワイプすれば、光量を調整できる。

f:id:tkan1111:20191117090902p:plain
f:id:tkan1111:20191117090942j:plain

Siri

Siriに「Hey Siri。フラッシュライトをつけて」でフラッシュライトを点灯できる。「ライト」ではなく「フラッシュライト」でないとダメだ。「ライト」はホームアプリにお登録されていて、フラッシュライトは点灯しない。

Siriでは光量の調整はできない。「フラッシュライトを暗くして」と命令しても、画面の明るさが変わってしまう。

カメラ

この使い方を現実に使う人はいないだろうけど、カメラからフラッシュを常時点灯することができる。通常のカメラモードだとシャッターを押した時しかフラッシュは点滅しないが、ビデオモードだと常時点灯する。

  1. カメラアプリを起動して、左上のフラッシュマークをタップして「オン」を選ぶ
    f:id:tkan1111:20191117092055j:plain
  2. 下部のメニューで「ビデオ」を選択する
    f:id:tkan1111:20191117092100j:plain

アプリ

iPhone標準には「ライト」というアプリはないので、サードパーティ製のアプリをインストールする必要がある。無料のアプリがいくつもあるので、高評価なアプリを選ぼう。

懐中電灯。

懐中電灯。

  • 7th Gear
  • ユーティリティ
  • 無料

Siriが手っ取り早い

「Hey Siri」が使えるiPhoneなら、Siriにお願いするのが手っ取り早い。「フラッシュライトをつけて」の一言で暗闇でiPhoneを探す必要もない。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。