ところで、こころで

IT業界、ガジェットについて、あれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

MacBook5モデルを比較してみた (MacBook、新旧MacBook Air、MacBook Proの2モデル)

たくさんのMacBook

MacBook Airのフルモデルチェンジにより、13インチ前後のMacBookが5モデルも併売されることになった。

  • MacBook
  • 旧型MacBook Air
  • 新型MacBook Air
  • 13インチMacBook Pro (Touch Barなし)
  • 13インチMacBook Pro(Touch Barあり)

MacBookのみ12インチだが、他の4モデルはすべて13インチ。少しでも多くのユーザーを獲得するために多くのモデルを用意する戦略をAppleが選んだ結果だ。

選択肢が増えるのは嬉しいけど、今度はどのモデルを買えば良いのか悩んでしまう。そこでスペックを比較して、目的別にベストなモデルを考えてみる。

5モデルのスペック一覧は、こちら(タップすると拡大します)。青が優、緑が良、黄色が可、赤が不可。

f:id:tkan1111:20181106213356p:plain

f:id:tkan1111:20181106231313p:plain

MacBookシリーズの比較

Touch Bar / Touch ID

Touch Barを搭載しているのはMacBook Proの上位版のみ。Touch Barはぶっちゃけなくても全く困らない。パスワード入力が不要になるTouch IDはあると便利。新MacBook Air、MacBook Pro上位版が搭載している。新MacBook AirはTouch Barなし・Touch IDありのはじめてのMacだ。

f:id:tkan1111:20181106234318p:plain

性能(CPU、メモリ、GPU)

クアッドコアを積む上位版MacBook Proが最速だが、動画編集などを負荷の高い作業を頻繁にしないのであれば、新MacBook Air、Touch BarなしMacBook Proでも十分だのパフォーマンスを出す。

ディスプレイ

True Toneに対応しているのは上位版MacBook Proだが、比較しないと差はわからないに違いない。解像度は使い勝手に大きく影響するので、縦1600ピクセルのディスプレイを搭載する新MacBook Air、MacBook Proを選ぶべきだろう。それ以下のピクセルのMacBook 、旧MacBook Airを選ぶのはかなり躊躇する。

f:id:tkan1111:20181106234418p:plain

連続使用時間

新旧MacBook Airのみ12時間の連続使用時間を誇る。他のモデルは10時間。MacBook Airの性能とバッテリー容量のバランスが良いのだろう。

電源アダプタ

モデルによって、電源容量と大きさが異なる。30Wの新MacBook Airのアダプタはコンパクトサイズだ。

f:id:tkan1111:20181106230902p:plain
f:id:tkan1111:20181107104906p:plain
左が新MacBook Airの電源アダプタ。右がMacBook Pro用

ポート数

全体的にバランスが取れているMacBook Airの欠点のひとつはUSB-Cポートの位置だと思う。MacBookの1ポートよりはましだが、本体の左側にしかポートがないので、右側にコンセントがあるとケーブルの取り回しに苦労する。その点、左右2ポートの上位版MacBook Proは便利だ。USB-Cはハブも使えるので、2ポートで不足することはないが、充電の手間だけに上位版MacBook Proを購入するのはもったいない気がする。

f:id:tkan1111:20181106234520p:plain

重さ

  • MacBook・・・0.92 kg
  • 旧型MacBook Air・・・1.35 kg
  • 新型MacBook Air・・・1.25 kg
  • 13インチMacBook Pro (Touch Barなし)・・・1.37 kg
  • 13インチMacBook Pro(Touch Barあり)・・・1.37 kg

12インチディスプレイのMacBookのみ1キロを切っている。新型MacBook Airとの差は330g。約30%増になるので、結構な差がある。どうしても軽いモデルではないと辛い人はMacBookを選ぶべき。

サイズ

12インチディスプレイのMacBookの小ささが際立つ。それ以外のサイズは大体同じ。

f:id:tkan1111:20181106231920p:plain
f:id:tkan1111:20181106232011p:plain
左からMacBook、新MacBook Air、旧MacBook Air、MacBook Pro

価格

  • MacBook・・・142,800円(税別)から
  • 旧型MacBook Air・・・98,800円(税別)から
  • 新型MacBook Air・・・134,800円(税別)から
  • 13インチMacBook Pro (Touch Barなし)・・・142,800円(税別)から
  • 13インチMacBook Pro(Touch Barあり)・・・198,800円(税別)から

旧型MacBook Air、Touch BarつきMacBook Pro以外の3モデルの価格は似たり寄ったり。どうしても価格に拘るなら旧型MacBook Airだが、すぐに後悔しそう。

その他の機能

  • MacBook・・・ファンレス。いくつかの機能が旧世代
  • 旧型MacBook Air・・・多くの機能が旧世代のまま
  • 新型MacBook Air・・・Touch IDつき
  • 13インチMacBook Pro (Touch Barなし)・・・Touch IDもない
  • 13インチMacBook Pro(Touch Barあり)・・・全部入り。Bluetooth 5.0

MacBookは唯一のファンレス構造。駆動部分がないので一切音がしない。キーボードは第2世代バタフライキーボードで、最新型と打鍵音が多少違うのと埃が入りやすいといわれる。T2チップを搭載していないので、Hey Siriも使えない。

旧型MacBook Airの多くの機能が旧世代に属する。Touch IDはおろか感圧タッチパッドでもない。キーボードも旧来のまま。バタフライキーボードの打鍵感が嫌な人には、貴重かも。

最新モデルらしく、新型MacBook Airは隙きがない。あるとすれば、前述のポートの位置ぐらいだろう。

Touch BarなしのMacBook Proは今までバランスが良いモデルと言われていたが、MacBook Airと比較すると、Touch IDがないなど劣る部分が目立つ。Touch Barありの機種ならTouch IDもあるし、ハイスペックで新型MacBook Airにも劣らない。問題は価格だ。

バランスが良い新型MacBook Air

こうやって比較すると、新型MacBook Airが頭ひとつ抜けている。安くはないが他のMacBookシリーズと比べると決して高くはないし、バランスが取れていて長く使えそうな機種だ。

逆にMacBookとTouch BarなしのMacBook Proは積極的に選ぶ理由に乏しい。少しでも多くのユーザーを囲みたいからといって、これだけのモデルを用意するのは非効率的に思えてくる。

どうしても安い機種が欲しい人は旧型MacBook Air、動画編集をバリバリ行うハイスペックでないと我慢できない人、右側にポートがないと困る人はTouch Bar付きMacBook Pro、それ以外の人は新型MacBook Airを選ぶのが良いと思います。