ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型16インチMacBook Pro発売。15インチモデルと10項目で比較。多角化戦略から真のプロ化戦略へ

新型MacBook Pro発売

秘密の記者会見という謎の発表で16インチMacBook Proが発表された。

MacBook史上初の16インチモデル。ベゼルが細くなり、今までの15インチのボディに16インチを埋め込むのかと思ったら、ボディはサイズアップし、従来より一段上の「真のプロモデル」にかわった。

過去発売の15インチと比較して、16インチモデルの性格を探ります。

f:id:tkan1111:20191114085415p:plain

ディスプレイ

  • 15インチ:15インチディスプレイ。 2,880 x 1,800ピクセル。220ppi
  • 16インチ:16インチディスプレイ。3,072 x 1,920ピクセル。226ppi

噂のOLEDではなく従来のIPS液晶だが、解像度は増え、わずかに細密化している。15インチモデルは、実際には15.4インチぐらいあり、スペックほどに15インチモデルと16インチモデルの見た目の違いはないかもしれない。

デザイン

16インチのデザインは従来のMacBook Proとほぼ同じ。見た目で違うのは、ベゼル幅だ。ベゼルは横を26%、縦を34%小さくなって、ディスプレイ周りはシャープに見える。

もっとも、最新のWindowsマシンと比べると、決して細いベゼルではない。

f:id:tkan1111:20191114091345p:plain

キー

  • 15インチ:ESCキーもTouch Bar。
  • 16インチ:ESCキー・Touch IDがTouch Barより独立

不満が多かったTouch Barに改良が加えられた。ESCキーが通常のキーとして独立し、Touch BarとTouch IDの間に隙間ができた。

ESCキーは使用する頻度が多く、Touch Barでも常に表示しているので、独立したキーの方が利便性は高い。もともとESCキーをTouch Bar化したのはデザインのためだったと思う。

Touch IDも統一したデザインより操作性を重視して、間違って触らないように隙間が作られた。

カーソルキーは、従来のMacBookのように逆T字型配列に変わった。15インチモデルのように左右カーソルキーが大きい形状でも困ることはなかったが、ESCキーとTouch IDと同じようにユーザーからの要望だと思われる。

賛否両論あったTouch Barは残された。ESCキーが独立したように、今後のユーザーの意見次第では消滅するかもしれない。

f:id:tkan1111:20191114091956p:plain
f:id:tkan1111:20191114092010p:plain
f:id:tkan1111:20191114092034p:plain

キーボード

  • 15インチ:バタフライキーボード
  • 16インチ:シーザーキーボード

ホコリが詰まると不評だったバタフライキーボードが一新された。キーの深さが0.45mm増えて1mmになった。以前よりは少し力を入れて押す必要があるようだが、キータイピングはおとなしめになったようだ。

個人的には、軽く打てるバタフライキーボードは嫌いではないが、ホコリが詰まって無償修理を一度しているので、多少の打ち心地の違いより、壊れない方がやはり優先されるのだろう。

バックライトも少し変わって、キーの文字表記だけではなく、キー周辺が光るようになった。

f:id:tkan1111:20191114094942p:plain

スペック

新型モデルは、カスタマイズによってスペックは大きく変わる。プロセッサは第9世代インテル6コアのCore i7か8コアのCore i9を選べる。GPUも、AMD Radeon Pro 5000MシリーズでVRAMは最大8ギガ(従来モデルは4ギガ)。メモリは最大64GB、ストレージは最大8TB。

上限スペックから見てもわかるとおり、資金を投入すれば、ノートブックというよりモバイルワークステーションといえるハイスペックマシンを組むことが出来る。

ハイスペックを支えるように冷却機能も強化され、空気の流れが28%増加し、ヒートシンクが35%強化された。

16インチディスプレイと新しいキーボードに目を奪われがちだが、このハイスペックが可能な筐体が、新型モデルの一番の肝だ。

f:id:tkan1111:20191114100323p:plain

バッテリー持続時間

  • 15インチ:最大10時間
  • 16インチ:最大11時間

 スペックが向上したにもかかわらず、バッテリー駆動時間は1時間伸びた。83.6Whから100Whにバッテリー容量が増えた。これもボディが少し大きくなったので可能になった。

電源アダプタ

  • 15インチ:87W
  • 16インチ:96W

スペックに合わせて、電源アダプタの電力もあがった。ただ電源アダプタのサイズに変更はない。

スピーカー

  • 15インチ:3スピーカー
  • 16インチ:6スピーカー

スピーカーも数が増えた。デュアルフォースキャンセリングウーファーと呼ばれる新しいウーファーで、低音の出力が強化された。

マイクの数は変わらないが、スタジオ品質の性能だそうだ。

f:id:tkan1111:20191114101737p:plain

サイズ

  • 15インチ:高さ155 x 幅34.9 x 奥行き241mm。1.83kg
  • 16インチ:高さ162 x 幅35.8 x 奥行き246mm。2.0kg

16インチは少しだけ大型化し、一皮分大きくなった感じだ。重さもプラス0.17kg。持ち運ぶのに2kgはちょっと重い。

前モデルで薄型化したボディだったが、今回再び大型化したのは、上昇したスペックを支えるためだろう。冷却機能、スピーカー、バッテリーとハイスペックを実現するために強化されたパーツを詰め込むためには、サイズアップが必要だった。

価格

  • 15インチ:24万8800円~
  • 16インチ:25万8800円~

スペックが向上したのに、1万円安くなった。これは為替の影響で、USの価格は変更なし。これだけのスペック向上でもお値段据え置きは、高価格戦略を修正してきた最近のAppleのトレンドどおり。

まとめ

今回のMacBook Proはフルモデルチェンジで、かなり多くのアーキテクチャ・スペックが変更になっている。キーボード、ディスプレイの変更が注目されがちだが、今回の一番の変更はモバイルワークステーションといえるハイスペックな仕様を組めるようになったことだ。

プロにふさわしいハイスペックな仕様を組めるようにするために、少し大きめな筐体が選ばれた。これらの変更は、MacBook Proが真のプロ仕様にするためだ。

スピーカーやマイク性能がオーディオ関連の仕事している人でも満足いく仕様になっているのも、同じ理由だ。

プロにふさわしいスペックが最初にあり、そこから逆算してハイスペックを支えるバッテリー容量・電力・冷却機能が計算され、それらを詰め込めるボディサイズが決まったと思われる。

少し前までMacBook、MacBook Air、MacBook Proと乱立していたMacBookも、MacBook AirとMacBook Proという標準モデルのMacBook Airとプロ仕様モデルにこれで整備された。

iPad、iPhone、AirPodsと続いたプロモデル戦略の集大成が、今回のMacBook Proのモデルチェンジと言えるかもしれない。

 

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。