ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

新型iPad ProとMacbook Airを15項目で徹底比較

新型「iPad Pro」登場

春イベントでAppleは新型iPad Proを発表した。

新型iPad Proは、Macに採用されてきたM1チップとApple初のミニLEDを搭載した。Macbook Proに使われているM1チップは高性能・省電力・省スペースと理想のチップセットで、前モデルのCPUより50%速くなっている。

ミニLED液晶を搭載したことで、iPad Proは100万分の1の輝度を実現している。

ただ当然価格も上昇した。従来のiPadと比較するのではなく、同じM1チップ搭載のMacbook Airと比較すべきスペックとなっている。

というわけで、新型iPad ProとMacbook Airを比較してみました。

ディスプレイサイズ

iPad Proのディスプレイは12.9インチ、Macbook Airは13.3インチと少しだけ大きい。

f:id:tkan1111:20210422074240p:plain

ディスプレイ性能

小さいディスプレイサイズのiPad Proの方がピクセル数は多く微細化している。輝度も高く、反射防止やProMotionなどiPad Proのディスプレイ性能はMacbook Airを圧倒している。もちろん、iPad Proはタッチスクリーンだ。

f:id:tkan1111:20210422081718p:plain

チップ

搭載しているのは同一のM1チップ。性能も同じだと思われる。

f:id:tkan1111:20210422074818p:plain

メモリ容量はMacbook Airは8GBと16GBを自由に選択できるが、iPad Proはストレージ容量に応じてメモリ容量が固定される。1TBと2TBストレージだと16GB RAMになる。

f:id:tkan1111:20210422091750p:plain

ストレージ

ストレージは両モデルとも最大2TBで変わらない。最小ストレージは異なり、iPad Proが128GB、Macbook Airが256GBと差がある。

f:id:tkan1111:20210422075018p:plain

リアカメラ

iPad Proは12MP広角カメラと10MP超広角カメラを装備している。Macbook Airはリアカメラを搭載していない。

f:id:tkan1111:20210422075623p:plain

フロントカメラ

フロントカメラ性能はiPad Proが上回っている。iPad Proは12MPの超広角カメラを搭載していて、テレビ会議をしていると、話者を自動ズームする機能を装備している。

Macbook Airは720pとパソコンとしても低性能で、Macbookの弱点の一つだ。

f:id:tkan1111:20210422075852p:plain

バッテリー性能

iPad Proが最大10時間に対しMacbook Airは最大18時間。公開されていないが、ボディサイズが大きいMacbook Airのバッテリー容量はかなり大きいと思う。

f:id:tkan1111:20210422080445p:plain

ポート

iPad Proは1つのUSB-Cコネクタ、Macbook Airは2つ。性能は同等と思われる。

f:id:tkan1111:20210422081159p:plain

オーディオ

スペック表には記載されていないが、iPad Proは4スピーカー、5つのマイクを内蔵し、ドルビーアトモス再生にも対応していて、Macbook Airのオーディオ性能を上回っている。

f:id:tkan1111:20210422082128p:plain

f:id:tkan1111:20210422082409p:plain

セキュリティ認証

iPad ProはFace IDに対応、Macbook AirはTouch ID。

f:id:tkan1111:20210422082523p:plain

ワイヤレス

両モデルともWi-Fi 6とBluetooth 5.0を搭載。

f:id:tkan1111:20210422083056p:plain

センサー

モバイルで使う機会が多いiPad Proはたくさんのセンサーを搭載している。iPadの中でLiDARスキャナを搭載しているのはiPad Proだけ。

f:id:tkan1111:20210422083906p:plain

その他のオプション

iPad Proは5G対応のモバイル通信をオプションで選べる。第2世代Apple Pencilにも引き続き対応。Macbook Airは両方非対応。

f:id:tkan1111:20210422081427p:plain

サイズと重量

縦で使うことが多いiPadとMacbookでは高さと厚さの概念が違うのでややこしいが、長辺はMacbook Airの方が約2cm広く、短辺はほぼ同じ、閉じた状態では最薄部ではMacbook Airの方が薄く、最厚部はMacbook Airの方が2倍以上ぶ厚い。

重さはMacbook Airの方が2倍重いが、iPad ProのMagic Keyboardは約700gあり、合計すると1.38kgになってMacbook Airとほぼ変わらない。iPadはバッテリー容量がMacbook Airよりも少なくて軽量だが、強固なヒンジを内蔵しているMagic Keyboardがかなり重たい。

iPad Proはタブレットとノートパソコン風に使えるのが大きなメリットだが、キーボードをずっと装着して使用するなら、Macbook Airと重さが変わらないことは買う前に覚えておいた方が良いと思う。

f:id:tkan1111:20210422084225p:plain

価格

同じ256GBで比較すると、iPad Proが141,800円、Macbook Airが115,280円とiPad Proの方が高くなる。Magic Keyboardは41,580円もするので、iPad Proにキーボードをつけると18万円を超えて、13インチMacBook Proよりも高価だ。

f:id:tkan1111:20210422085544p:plain
f:id:tkan1111:20210422085726p:plain

Macbookを凌駕するiPad Pro

新型iPad ProはM1チップを搭載することで、Macbookを凌駕する性能を獲得した。タッチスクリーンはもちろん、ミニLEDディスプレイに数多くのセンサーやリアカメラ、Face IDとMacbookにない機能をたくさん搭載したiPad Proはまさにクリエイターのためのプロ仕様デバイスと言える。

逆にそのような機能が不要で、キーボードと一体で使うことしかないユーザーはMacbookを選んだ方が安くて軽い。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。