ITと小説

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです by 高山環

MENU

5代目iPad AirとMacBook Airを9項目で徹底比較

第5世代iPad Air

先日発表した第5世代iPad AirはM1チップを搭載してきた。Appleは2年前よりIntelチップから自社チップへの移管を進めてきていて、初代AppleチップであるM1チップを搭載したモデルは、MacBook Air、13インチMacBook Pro、Mac mini、iMac、iPad Pro、iPad Airと増えてきた。

使用用途が異なるデスクトップPCを除外して、ノートPCっぽく使えるのは、MacBookシリーズとiPadだ。iPadはMagic Keyboardを装着すると、MacBookのように使える。

同じAir同士のiPad AirとMacBook Airを比較してみます。

f:id:tkan1111:20220317101003p:plain

インターフェイス

  • MacBook Air:トラックパッド。キーボード
  • iPad Air:タッチパネル。Apple Pencil。Magic Keyboard

MacBook AirとiPad Airの大きな違いのひとつがインターフェイス。iPad Airはタッチパネルなので、ディスプレイに触れて操作できる。もうひとつ大きな特徴がApple Pencilだ。Apple Peinclがあれば、手書きが容易だし、絵を描くなどMacBook Airではできない使い方ができる。

ディスプレイサイズ

  • MacBook Air:13.3インチ
  • iPad Air:10.9インチ

ノートPCのように利用するには、iPad Airの10.9インチディスプレイは少々小さい。昔ならモバイルノートPCと呼ばれるサイズだ。

モビリティ

  • MacBook Air:Wi-Fiのみ
  • iPad Air:5Gモデルあり

iPad Airは5Gモデルがある。MacBook Airにはモバイル通信機能はないので、テザリングやWi-Fiスポットを使わないと外出先で通信ができない。一手間かかるMacBook Airよりも、どこでもいつでもつながっているiPad Airの方がもちろん優れている。外出先で使う頻度が多い人はiPad Airの5Gモデルを選ぼう。ただ、5Gモデルは18,000円高いし、モバイル通信料金もかかる。

ストレージ

  • MacBook Air:最大1TB
  • iPad Air:最大256GB

iPad Airの最大ストレージは256GB。MacBook Airの最大ストレージは2TBある。動画や音楽ファイルなど全データを保存して使うなら、256GBでは心もとない。クラウドに全て保存した運用をしているなら、iPad Airでも良いかも。

iPad Airとスペックが似てきたiPad Proのストレージも最大2TGBある。大型ストレージとタッチパネルを使いたいなら、iPad Proを選んだ方が良い。

カメラ

  • MacBook Air:フロントカメラのみ
  • iPad Air:フロントカメラ・リアカメラ

MacBook Airはテレビ電話用のフロントカメラのみ。iPad Airは撮影用のカメラも内蔵している。iPadで撮影するかどうかはユーザーによって分かれるだろう。撮影はスマートフォンと決めている人にはあまり関係がない。

コネクタ

  • MacBook Air:USB-C x2
  • iPad Air:USB-C 

MacBook AirはUSB-Cが2ポート。両側にあると嬉しいが、片方だけ。MacBook Proで復活したMagSafeは搭載していない(次期モデルには搭載される?)。

iPad AirはUSB-Cが1ポートある。

バッテリー

  • MacBook Air:最大18時間
  • iPad Air:最大10時間

バッテリー持続時間はMacBook Airが圧倒的に長い。iPad AirはMagic Keyboardと併用するとバッテリー持続時間はさらに短くなる。給電できない場所で使うなら、MacBook Airの方が良い。iPad Airの方がモビリティに使えそうだが、外出先でノートPCとして使うならMacBook Airの方が長い時間使える。

重さ

  • MacBook Air:1029 g
  • iPad Air + Magic Keyboard:461g(Wi-Fiモデル)+ 598g = 1060g

Magic Keyboardを追加するとMacBook Airの方がわずかに。他にApple Pencilは20.7gあるので、追加すると1080g。Magic Keayboardは、脱着ができてマグネットが内蔵しているので、かなり重い。MacBook AirでもiPad Airでも総重量はほとんど同じ、

価格

  • MacBook Air:115,280円(税込)
  • iPad Air + Magic Keyboard:109,780円(税込)

MacBook Airは最低価格115,280円(税込)。iPad AirはMagic Keyaboard込みだと109,780円(税込)。価格差は5,500円。iPad Airを買うなら特徴的であるApple Pencilも一緒に買いたい。Apple Pencilを追加すると、125,730円(税込)でMacBook Airの価格を上回る。

ノートPCとしてガッツリ使うならMacBook Air

Magic Keyboardと併用するとノートPCのようにiPad Airは使えるが、ノートPCとして本格的に使うならMacBook Airの方が使い勝手は良い。わずかだが軽量だし、価格もあまり変わらない。バッテリー持続時間が長いので、電源が取れない場所で長く使えるのが大きい。

モバイル通信はあった方が良いが、iPhoneがあれば簡単にテザリングができる。iPad Airの5Gモデルは本体価格も高いし通信料もかかる。

Magic KeyboardのトラックパッドはMacBook Airよりも小さく、純粋にノートPCとして使うならMacBook Airの方が優れている点が多い。

もちろん、タブレットとして使う機会が多く、Apple Pencilで絵を描きたい人なら、iPad Airを選んだ方が良い。

タブレットとして使うかノートPCとして使うか、どちらの使用頻度が多いかで決めるべきだと思います。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。