ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

AppleがAR/VRゴーグルを開発する4つの理由

AppleがAR/VRゴーグルを開発

Appleが2022年にAR/VRヘッドセットを販売する可能性があるとBloombergが報じている。Facebook改めMateがOculusを買収するなど、メタバースと絡めてAR/VRヘッドセットに注目が集まっている。

どうしてAppleがAR/VRヘッドセットを買収する必要があるのか考えてみます。

Apple AR VR headset
引用:9t5Mac

Apple TV+の強化

AR/VRゴーグルを開発する理由の一つが、Appleのストリーミング動画サービス「Apple TV+」の強化だ。動画配信はAmazonやNetflixが強い分野なので、後発のAppleは苦戦を強いられている。Apple TVのテコ入れのために、動画鑑賞時に没入感が高まるVRゴーグルは重要なデバイスとなるだろう。

Apple Arcadeの強化

鳴り物入りで始まったAppleのストリーミングゲームサービス「Apple Arcade」だが、ストリーミングゲーム自体が低調なこともあり、思うようにユーザー数が集まっていない。

地道にゲーム数は増えしていてAppleも力を入れているが、スマホだけではなくSwitchなどにも無料ゲームが浸透してきており、有料サービスであるApple Arcadeは伸び悩んでいるのが現状だ。

3Dゲームが楽しめるVRゴーグルはApple Arcadeのテコ入れにふさわしいデバイスだ。

ARの活用

ここ数年AppleはiPhoneを中心にARへ注力してきた。iPhoneのカメラを使って、購入前の商品をARとして投影するなど実用化を進めてきた。

限られた視界しかカバーできないiPhoneのディスプレイからARが次の段階へ進むためには360度の視界をカバーできるAR/VRゴーグルが不可欠になる。

メタバースへの布石

今後メタバース市場が伸びるかどうかわからないが、成長する可能性は否定できない。メタバースについてAppleは方針を明確にしていないが、今後のことを考えてメタバースへの布石を打とうと考えても不思議ではない。

Appleのゴーグルとは

AppleのAR/VRゴーグルはどのようになるだろう。Apple製品との連携はもちろんだろうし、各デバイスとワイヤレスで接続するに違いない。

随分改善されてきたが、現状のAR/VRゴーグルは重くてスタイリッシュとは言い難い。Appleデザインの洗練されたAR/VRゴーグルの登場を期待したい。

IT関連のブログをほぼ毎日更新していますが、本業は小説家です。
ブロックチェーンなどITを題材とした小説の他に、ミステリー、恋愛物、児童文学など様々なジャンルの作品を取りそろえています。
Kindle Unlimited会員ならすべて無料、非会員の人にも99円からご用意していますので、お読みいただけると幸いです。感想もいただけたら感涙でございます。