ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple CardはAppleの楽園の囲いを少し高くする。IT企業であるAppleがカードを発行する意味

Apple Card登場

春のAppleイベントで発表された唯一の「ハードウェア」が「Apple Card」だった。Apple Cardは、Apple Payと連携して使えるクレジットカードサービスだが、Apple Payが使えない店舗のためにプラスティックカードも用意される。

どうして、IT企業であるAppleがクレジットカードを発表したのだろう。

f:id:tkan1111:20190329152920p:plain 

シンプルなApple Card

Apple Cardはいくつかの特徴がある。

  • カード番号・セキュリティコードを見せない
  • シンプルなキャッシュバックルール
  • 年会費、国際手数料、遅延手数料なし
  • iPhoneで支払額を管理できる

Appleらしくシンプルに扱えるクレジットカードになっている。「面倒なことは考えず、普通に使えるカード」を目指している。

その中で最も重要なのは、厳重なセキュリティ管理だろう。Appleは顧客情報を一切参照しない。Apple Cardは、ゴールドマン・サックスとMasterCardと提携するが、ゴールドマン・サックスは顧客データを外部に共有しないと宣言している。

他の金融機関やカード会社にとって、クレジットカードを提供する理由は、手数料の収入の他に顧客情報を入手したいからだ。

何を購入し、どれぐらいの支払い能力があるのかわかれば、効果的な販促をうつことができる。

Appleは手数料もとらず、顧客情報も入手しない。ではなんのためにAppleはApple Cardを提供するのだろうか?

店舗手数料を狙うApple

ポイントは2点。ひとつはクレジットカードの手数料だ。手数料といっても店舗がカード会社へ払う手数料のことだ。顧客がクレジットカードを店舗で使うと、店舗はカード会社に支払額の数%を手数料として払う(率は国やカード会社によって異なる。日本では2%から3%が標準)。Apple Payを使うと、Appleにも手数料が入るが、Appleの取り分は0.1%前後と言われている。

Apple Cardを使うことで、クレジットカード手数料の分け前を今まで以上にAppleも得られる。

カードで囲い込む

Apple CardをApple Payで払うと2%のキャッシュバックがあるが、プラスティックカードだと1%しかもらえない。

顧客はApple Payが使える店舗で買い物したくなるし、店側もApple Payを導入しようとする。

Apple Payは言うまでもなくiPhoneでしか使えない。Apple Payを使い続けるためにはiPhoneを所有し続ける必要がある。Apple Cardがメインのカードになれば、次の機種もiPhoneを選ばないといけない。

iPhoneの買い替え需要も重要だが、今後のAppleにとってより大事なのはAppleのサービスを使う顧客を確保することだろう。

Apple Storeで音楽・映画を購入した支払い特典が特別に3%のキャッシュバックなのは、Apple Cardで自社のサービスを使ってほしいからだ。

今でも映画と音楽サービスの競合は多いが、Apple Cardと同時に発表したゲームや定額動画配信サービスも多くの競合サービスが控えている。

Netflixなどの競合より遅れて開始する定額動画配信サービスでAppleが勝つにはApple Cardが強力な武器となる。

Apple Cardはハードウェアとサービスの両方を囲い込む

AppleがApple Cardをばらまくのは慈善事業ではない。自社のハードウェアとサービスが築く楽園にユーザーを囲い込むための撒き餌だ。Apple Cardを使うことで、ハードウェアとサービスだけではなく買い物でも、Appleの魔法によって幸福で快適な経験ができるようになる。ただ楽園から脱出するのは今まで以上に難しくなるだろう。

だけど心配する必要はない。熱心なAppleファンにとっては、今までの囲いが少し広がって、強固になるだけだ。