ところで、こころで

IT・ガジェットをあれこれ語ります。Appleネタ多めです

MENU

Apple WatchでPay Payや楽天ペイなどのQRコード決済が可能か調べてみた。LINE PayをApple Watchで使う方法も

Apple WatchでQRコード決済

Pay Payのキャンペーンと消費税の減税対象になることで注目を集めたQRコード決済。スマートフォンにQRコードを表示するかカメラでQRコードをスキャンすることで決済ができるシステムだが、Apple Watchでできればスマートフォンを取り出さず、より簡単に支払いができる。

Apple WatchでQRコード決済ができないか国内の主要サービスを調べてみました。

Pay Pay

f:id:tkan1111:20190314090202p:plain

  • QRコード決済:できない

Pay PayではApple Watchのアプリがないので、QRコード決済はできない。Pay PayはバーコードとQRコードを表示して支払うことができる。そのコードをApple Watchに画像として保存すれば決済できそうだが、コードは最初に表示してから5分以内しか使えないので、画像保存したコードを使い続けることはできない。

それに、多くのQRコード決済アプリはアプリ以外でのコードの使用を認めていない。

Pay Payは銀行口座からYahoo!マネーからチャージして利用する方法と、クレジットカードを登録して使う方法があるが、他の決済サービスにチャージすることもできないので、Pay Payを経由して、Apple Watchに対応している他の決済サービスを利用することも不可能だ。

よって、Apple WatchでPay Payを利用することはできない。

LINE Pay

f:id:tkan1111:20190314101540p:plain

  • QRコード決済:できないが、LINE Payカード経由でSuicaへチャージが可能

日本人の多くが利用するLINEプラットホームを基盤としているLINE Pay。LINEにはApple Watch用アプリがあり、Apple Watchでメッセージの参照・返信ができる。

Apple Watch用のLINEアプリには「マイQRコード」というQRコードを表示する機能はあるが、知り合いに自分を登録してもらうコードなので、LINE PayのQRコードとは異なる。

f:id:tkan1111:20190314092831p:plain

左が「マイQRコード」右が「LINE PAY」のQRコード。中央の文字が異なる

Apple WatchにLINE PayのQRコードを表示することがLINEアプリ内ではできないので、Apple WatchでQRコード決済はできない。

だが、裏技がある。LINE Payを使って、Apple Watchに登録したSuicaにチャージすれば、Apple Watchで決済ができる。流れは、こちら。

  1. LINE PayでLINE Payカードを発行する

    f:id:tkan1111:20190314094336j:plain

  2.  LINE Payカードに銀行口座などからチャージする

    f:id:tkan1111:20190314094451p:plain

  3. LINE Payカードのクレジットカード情報をiPhoneのアプリ「Suica」で登録する

    f:id:tkan1111:20190314094658j:plain

  4.  Suicaにチャージする。iPhoneのアプリ「Suica」でもApple Watchの「ウォレット」からでもチャージ可能

    f:id:tkan1111:20190314095037p:plain

  5. レジで「Suicaで支払う」ことを伝え、Apple Watchを端末にかざす

この方法ならQRコード決済ではないが、LINE Payでのチャージを使って、Apple Watchでの決済ができた。この方法のメリットは、クレジットカードを現在持っていなくてもSuicaにチャージができること、支払いをLINE Payで管理できること、ポイントがつくことだ。

LINE Payにチャージした後でSuicaにチャージしなければならないので、面倒ではあるが、LINE Payでポイントを貯めたい人には有効な方法だろう。

楽天ペイ

f:id:tkan1111:20190314095804p:plain

  • QRコード決済:できない

楽天が提供する「楽天ペイ」。ローソン、ファミリーマートで利用できるので利用者も多いのではないだろうか。

楽天ペイは、クレジットカードを登録してQRコードで決済ができるサービス。メリットは、クレジットカードのポイントに加えて楽天スーパーポイントがもらえること。普通にクレジットカードを使うよりもお得なわけだ。

f:id:tkan1111:20190314100212p:plain

だが、楽天ペイもApple Watchに対応していないので、Apple Watchをかざして利用することができない。

Origami Pay

f:id:tkan1111:20190314101125p:plain

  • QRコード決済:できない

株式会社Origamiが提供している「Origami Pay」。2015年から開始しているので、老舗のQRコード決済サービスだ。Origami PayもApple Watch用のアプリがないので、Apple Watchで利用できない。

Origami Payはクレジットカードか銀行口座を登録して利用するので、LINE PayのようにLINE Payカード経由でSuicaにチャージすることもできない。

まとめ

  • Apple WatchでQRコード決済はできない
  • LINE Payカードを使ってSuicaにチャージし、Apple Watchで支払いは可能

国内の主要なQRコード決済サービスを調べたが、Apple Watch用アプリを提供していないので、Apple WatchでのQRコード決済は無理だった。

裏技的に、LINE PayはLINE Payカードを経由してSuicaへチャージしApple Watchで利用できた。通常のSuicaへのチャージだとクレジットカードのポイントは貯まらないので(Suicaカードを除く)、LINE Payカードを使ってポイントをもらうのはアリだと思う。

腕を端末にかざすだけで使えるApple WatchとQRコード決済の親和性は良いと思うので、各社にはApple Watch用アプリの提供を要望したい。